食材使い切りで居酒屋風。今日の晩ごはん献立【vol.12】

毎日午後になると、頭を抱えてしまうのが夕食の献立。ある程度決まったメニューのローテーションだと、食べる方も作る方も飽きちゃいますよね。そんなあなたに、これからでも間に合う今晩の献立をご提案します♪ いつもと違う夕食に、家族もきっと喜んでくれるはずです!

2019年7月3日 更新

今日の買い物リスト

食材かしこく使いまわした居酒屋風メニューです。食材の買い足しが少なく、上手に使いまわせるレシピを集めてみました。

今日の献立に必要なメイン食材はこちらです!

・手羽先
・ピーマン
・とろけるチーズ
・ウインナー
・玉ねぎ
・ツナ缶

晩ごはんの献立

主菜「レンジで手羽先甘辛だれ」

【調理時間:20分】

手羽先は骨に沿って切り目を入れ、耐熱皿に調味料と一緒に入れて全体に絡め、そのまま10分置いて味をなじませます。

皮目を上にしてふんわりとラップをかけ、600wのレンジで4分加熱します。手羽先の上下を返して再びふんわりとラップをかけ、600wのレンジでさらに6分加熱します。器に盛り付けてお好みで黒こしょうをかけて完成です!

調味料にしょうがとにんにくを加えることで、夏の暑さも吹き飛ぶようなスタミナ味に仕上がります。仕上げに引いた黒こしょうが味を引き締め、おつまみっぽさがアップしますよ。これは冷たく冷やしたビールがよく合いそうです。

鶏手羽先に切り込みを入れることで、食べるときに身が外れやすくなります。ちょっとしたコツで断然食べやすくなるので、このひと手間をお忘れなく♪

副菜「まるごと焼きチーズピーマン」

【調理時間:5分】

ピーマンは親指でヘタを押して種を取り出しておきます。空洞になったピーマンにチーズを詰めます。ボウルに5mm幅に切ったウインナー、玉ねぎと調味料を入れて混ぜ合わせ、ラップをかけて600wの電子レンジで4分加熱してソースを作ります。

耐熱容器にソースを流し、チーズを詰めたピーマンをのせてトースターで10分焼いてできあがりです!

トマトケチャップとチーズを使って、ちょっぴり洋風な味付けに仕上げました。レンジとトースターで調理が完結するので、キッチンに熱がこもりがちな夏でもラクラク調理できますよ。焼き時間はお好みで調整してくださいね。ケチャップ味はパンともごはんとも相性抜群です!

副菜「無限ピーマン」

【調理時間:5分】

ピーマンは縦半分に切ってヘタを取り除き、繊維に逆らって3mm幅の細切りにします。耐熱ボウルに切ったピーマンとツナ、調味料を入れてよく混ぜ合わせ、ふんわりとラップをかけて600wの電子レンジで2分加熱します。

器に盛り付けたら白ごまをふって完成です!フライパンを使わない無限ピーマンは洗い物の手間もありません。しかも炒めるための油も必要ないので、ヘルシーに仕上がりますよ。

ツナ缶の油の量によって味わいが変わるので、好みで調整して好きな味を見つけてくださいね。ツナと合わせればピーマンの苦みも気にならなくなり、ピーマンが苦手な子供もチャレンジしやすい味です。鮮やかな緑は、お弁当の彩りにもぴったりですね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう