連載

余った「酢」で1分バター&台湾の朝ごはん鹹豆漿!酢レシピ10選【調味料活用 vol.8】

節分の恵方巻きにひなまつりのちらし寿司。2〜3月は「酢」を使うシーンが多く、買いすぎたり余ったりしていませんか?そこで、今回は酢と生クリームを使った自家製バターのレシピをご紹介。台湾の定番朝食である鹹豆漿もお手軽バージョンでご紹介します。酢を使った簡単レシピ、ぜひご覧ください。

2019年4月4日 更新

材料

材料が小鉢に入って並んでいる

Photo by macaroni

・豆乳 ... 300ml
・ザーサイ ... 5gほど
・白だし ... 大さじ1
・酢 ... 大さじ1.5
・かつおぶし ... お好みで
・ねぎ ... お好みで
・ラー油 ... お好みで

作り方(調理時間:10分)

① 器に、刻んだザーサイ・白だし・酢を入れる。

② お鍋で豆乳を沸かさないように温め、器にそそぐ。

③ ねぎ、ラー油、かつおぶしを好きなだけトッピングし、混ぜながら食べる。

スープを混ぜると、豆乳が徐々に固まってふわふわとした食感を味わえます。ふわふわもろもろにならない場合は、少し酢を足すとふんわり固まりはじめます。シェントゥジャンには干しエビやパクチーが使われることも多いですが、今回は身近で揃えやすい食材で作りました。ザーサイは味と食感のアクセントがよく、本場の味に近づけるために欠かせません!

お弁当に便利すぎる。酢を使った作り置き3選

パパッと鮮やか!レンジでみょうがの甘酢漬け

ホーローに綺麗なピンク色のミョウガが入っている

Photo by macaroni

みょうがは茹でただけだと色がくすみますが、酢に漬けることで鮮やかなピンク色になります。お弁当に彩りを加え、お口直しのようにさっぱりとした気分にさせてくれる、定番にしたい一品です。

酢醤油であっという間!簡単すぎるさっぱり味玉

ホーローに味玉が入っている

Photo by macaroni

味玉はめんつゆやしょうゆに漬けるのもおいしいですが、酢や砂糖を加えることで断然味わい深くなります。おつまみとして、お弁当のおかずとして、主役級の存在感が出るのでおすすめです。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう