ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

「酢もつ」って知ってる?

酢もつとは、湯通しした豚や牛、鶏のもつ(内臓)に、ポン酢や薬味をトッピングしたシンプルな料理です。博多の居酒屋や焼き鳥屋では、定番のおつまみとして提供されています。 使用するもつの種類に決まりはなく、家庭やお店によって使う内臓の部位はさまざまです。一般的には、豚のコブクロなどのコリコリ食感が楽しめる部位を使用することが多いそう。

もつが苦手な人にもおすすめ!

モツは食感や味わいも種類によってさまざまです。クセのある牛の小腸を使用したもつ鍋が苦手な方でも、好みの食感のあっさりとした部位のもつを選べば、おいしく食べられる酢もつを作ることができます。 また、ポン酢とネギなどの薬味を加えることで、もつのクセも軽くなり、食べやすい味わいになります。

酢もつの作り方

Photo by uli04_29

基本の酢もつレシピをご紹介します。今回は豚もつを使用しました。鶏や牛のもつで作ってもOKです。もつは部位や種類(生か加熱済みか)によって下処理方法が違ってくる場合もありますが、基本の作り方はいっしょなので、ぜひ参考にしてみてください。

材料(2人分)

・お好みのもつ……200g ・ポン酢……大さじ4 ・ネギ……適量

作り方

1. もつを下ゆでする

鍋にたっぷりお湯を沸騰させ、もつを1分から2分ゆでます。食感が大切なもつはゆで過ぎないよう注意してください。 ※必要に応じてもつは、あらかじめ食べやすい大きさに切ってからゆでましょう。

2. ポン酢で和える

ゆでたもつを容器に移し、ポン酢を加えて和えます。時間があれば、冷蔵庫でしっかり冷やしましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS