ホルモンとはどう違う?「もつ」とはなにか、その魅力を徹底解説!

もつ鍋やもつ焼きなど、庶民的な肉料理として親しまれている「もつ」ですが、一方でなじみが薄く、普段はあまり口にしないという方も多くいらっしゃるようです。もつはどこの部位を指すのか、下処理の方法や絶品レシピを併せて、全力でご紹介いたします。

もつの魅力を徹底的にご紹介!

1990年代前半に首都圏で、突如として「もつ鍋」の大ブームが巻き起こりました。もつ鍋を提供するお店が爆発的に増殖。九州の福岡で名物なっていた地方料理が突如、大注目を浴びました。その後、ブームは過ぎ去りましたが、都内では池袋を中心に「やきとん」を中心とした、もつ焼きのお店が数多くあり、もつ料理好きのマニアも存在します。

もつ料理は和食だけでなく、イタリア料理のトリッパに代表されるように、洋食でも使われています。

「もつ」とは?

もつってどこの部位?

そもそも「もつ」とは、どんなお肉でしょうか?ロースやヒレなどの生肉に対して、内臓肉のこと。ホルモンとも言われます。その栄養価はとても高く、自然界の肉食獣は獲物を仕留めると、最初に内臓から食べると言われています。

ステーキやローストビーフなどの正肉を使ったお料理は確かにおいしい。でも価格が高くて庶民には毎日というわけには行きません。でも「もつ」ならばリーズナブル。お酒にも合うし、庶民の味方なんです。

「もつ」の名前の由来

もつの語源は、内臓を意味する「臓物」です。臓物の中でも量的に多い小腸や大腸を指し、もつ鍋やもつ焼きなどに広く使われています。もつ料理の専門店では、部位ごとに「シロ」「テッポウ」などと特有のネーミングで部位を識別しています。

もつは、部位ごとに食感や味が異なります。主にコリっとした弾力のある歯応えが正肉とはまた別の楽しみです。お値段も正肉よりグッとお手頃なのもうれしいところ。だから庶民に親しまれているお肉なんです。

白もつってどこの部位?

もつ(内臓肉)には、レバーやハツ(心臓)のような赤身肉と、小腸や大腸のように色が白い部位に分かれます。その白い部位を「白もつ」と言います。主に赤身肉には鉄分由来の多少の苦みやクセがあり、白もつは比較的クセが少なくて弾力のある食感が特徴です。

もつ料理は、やわらかく煮込んだ「もつ煮」や「もつ鍋」などの料理が真骨頂です。海外でもイタリアのトリッパやトマト煮込み、スコットランドのハギスのように煮込み料理が多いんです。

「もつ」と「ホルモン」の違い

結論から言うなれば、呼び方の違いだけで同じものをさします。

「もつ」の語源は臓物で、牛や豚の内臓の総称です。一方の「ホルモン」は、関西で「放るもん」が語源と言われ、かつては正肉以外の部位は廃棄されていたそうです。内臓の中でも主に腸を指すことが多いようです。

もつ鍋やもつ焼きに代表されるように、関東では「ホルモン」よりも「もつ」と呼ばれることが多いですね。「もつ鍋」や「もつ焼き」など、居酒屋さんを中心に庶民的な肉料理としておなじみです。

もつは下処理が重要!

安くておいしい「もつ」ですが、特有のクセがあるので下処理が大切です。特に生の白もつは適当な長さにカットして、腸を開いて内側のヒダをていねいに洗います。スーパーで売らている白モツは茹でたものが多いのですが、それでもクサミを感じるようなら、もう一度ゆでこぼしましょう。

茹でたあとはザルにあげてから、キッチンペパーなどで水分をしっかりと拭き取りましょう。水分が残っていると、調理した時に味が薄まってしまいますよ。

もつの絶品おすすめレシピ3選

1. 箸が止まらん!ホロやわ〜モツ煮

ゆでた豚の白もつを根菜やコンニャクなどと共に弱火でじっくりと煮込みます。煮込みが終わったら、火を止めて一度冷ますと味がぐっと染み込みます。柔らかく煮込まれた白もつは、コラーゲンがたっぷりで、プリンとした食感が魅力。女性にもおすすめの食材です。これっ、味噌味なので赤ワインに合いますよ。

2. 野菜たっぷり塩もつ鍋

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう