ライター : mkmog

管理栄養士 / 食生活アドバイザー / デリカアドバイザー

育児に奮闘中ながらも子どものいる生活に癒されています。おいしいもの、ゆったりとした暮らしが好きです。

かぶの葉っぱの特徴

丸々とした根に注目されがちなかぶ。葉付きで売られることが多いので、根だけでなく葉の部分も余すことなく食べたいですよね。かぶの葉は、アクが少なく、シャキシャキとして使いやすい食材。刻んで味噌汁に入れたり炒めてふりかけにしたりするのが一般的ですが、漬物や和え物、煮物などさまざまな使い道があります。

かぶの葉は、鮮やかな緑色でみずみずしく、黄色に変色していないものがおすすめ。また、茎がしっかりしたものがおいしいです。古くなるとしんなりとやわらかくなるので、ピンッと張りがあるものを選んでくださいね。

人気のふりかけも!かぶの葉の【炒め物】6選

1. ごはんが進む。かぶの葉と梅のふりかけ

Photo by macaroni

かぶの葉料理の定番、ふりかけを作ってみましょう。味付けはめんつゆと砂糖なのでとっても簡単。白ごまの香ばしさとちりめんじゃこの旨味が、かぶの葉によく合います。カリカリ梅がいいアクセントになり、ごはんがいくらでも食べられますよ。

2. シャキシャキ食感。かぶの葉の中華炒め

葉付きのかぶを購入したら、すぐに作りたいシンプルな中華炒め。生のかぶの葉を炒めることで、シャキシャキとした食感を楽しめます。にんにくのいい香りが全体に絡み、箸が進みますよ。食感を残すために、手早く炒めてくださいね。

3. あとひと品欲しいときに。かぶの葉の生姜味噌炒め

かぶの葉は炒めるとかさが減るため、たっぷり用意してください。味噌と砂糖で味付けして、甘辛いしっかりとした味わいに仕上げます。生姜の風味が効いて、さわやかですよ。ごはんにもよく合うので、お弁当のおかずにもいいですね。

4. 旨味広がる。かぶの葉と豚肉の甘辛味噌炒め

給料日前のお助けメニューとしておすすめの、かぶの葉と豚肉を炒め物です。豚肉を入れることでカサ増しでき、コチュジャンとオイスターソースで味付けすれば、濃厚な味わいで満足感アップ。ごはんのおかずにはもちろん、お酒のお供にもぴったりですよ。

5. ベーコンでコク旨。かぶの葉の塩炒め

かぶの葉をベーコンと炒めるだけの、お手軽スピードメニュー。かぶの葉がベーコンの脂と旨味を吸って、とってもジューシーに仕上がります。炒め物をおいしく仕上げるコツは、あまり火を通し過ぎないこと。あらかじめ調味料を準備しておき、パパッと作りましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ