ライター : 菅 智香

育児料理アドバイザー

育児料理アドバイザー、食育インストラクター。子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案。

食パンを冷凍するメリット

Photo by 菅 智香

おいしさをキープできる

食パンは湿気にとても弱い食べ物で、常温で保管しているとカビが生えてしまい、2~3日程度でおいしくなくなってしまいます。冷凍保存すれば湿気を防ぐことができ、おいしい状態を長く保つことができますよ。

焼くとカリカリ食感になる

冷凍食パンは凍ったまま焼くことができます。食パンは冷凍すると表面部分の水分が適度に蒸発し、焼いたときに表面はカリカリとした食感に、中はふっくらとおいしい食感に仕上がります。

食パンの冷凍保存方法

1. 食パンをラップで包む

Photo by 菅 智香

食パンを1枚ずつラップで包みます。

2. 保存袋に入れる

Photo by 菅 智香

保存袋に入れて空気を抜いてとじ、冷凍庫に入れます。

よくある食パンの冷凍方法は正しい?

袋ごとそのまま冷凍する

未開封の状態で袋ごと冷凍すると袋の中の空気中に含まれる水分も一緒に冷凍することになり、食パン同士がくっついてしまう可能性があるのでおすすめできません。袋ごと冷凍する場合は袋を開け空気を抜き、空気を抜いた穴をふさいでから冷凍するようにしてください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ