海外で大流行!ヘルシーで栄養満点「ブッダボウル」とは?レシピも掲載

野菜やフルーツ・穀物をひとつのボウルに入れて食べる「ブッダボウル(buddha bowl)」が、海外で大人気。美しい色合いにすることで、栄養もバランスよく体に取り入れられるすぐれものです。皆さんのレシピアイデアをご紹介しますね。

健康食の流行は海外から!

ヘルシーフードのトレンドは必ずと言っていいほど海外から輸入されますね。

2015年「ゼンパスタ(zen pasta)」なるものがイタリアで流行していると、テレビでオンエアされ話題になりましたが、これは実は「しらたき」のこと。パスタの代わりにしらたきを使えば、カロリーも控えめで麺料理を楽しめちゃうということで、改めて和食の素晴らしさに気づかされたりもします。

そして現在、食のニューウェーブで海外で盛り上がっているのが「ブッダボウル(buddha bowl)」というものなんです。

「ブッダボウル」とは?

「ブッダボウル」は、ボウルの中に野菜やフルーツ・穀物などを一緒に入れて食べる、い
わば「ヘルシーサラダボウル」。お肉やお魚などは入っていない、ベジタリアンボウルなんです。食欲をそそる彩りで、野菜やフルーツの栄養をたっぷりとることができます。

「ブッダボウル」が流行っているアメリカでは、ベジタリアンという概念を仏教の「禅」と関連したものとして考えているのだそう。野菜類がたっぷり盛られたボウルは、まるで仏教を開いたブッダのお腹に似ている!という発想から「ブッダボウル」と呼ばれるようになったのだそうです。

インスタグラムで、ハッシュタグ「#buddhabowl」と検索すると、たくさんの写真が投稿されています。皆さんの写真からレシピアイデアをご紹介しますね。

ブッダボウルのレシピアイデア6選

1. 虹のようなカラフルブッダサラダ

にんじんとレタス・レッドキャベツは細切りに。とうもろこしとキュウリ、パプリカ、トマト、ハラペーニョと美しいカラーリングが魅力的。

朝もブッダボウルを食べて元気いっぱいにスタートできそう。アボカドはディップにすることで、ほかの野菜をおいしくひき立ててくれます。

2. 日本人好みのにんにく醤油ブッダサラダ

にんじん・ビーツはピーラーで細くスライスし、アボカド・グリーンピースものせて。具材はにんにく・醤油・ココナッツシュガーを混ぜたものに浸してから炒めます。

甘辛くて日本人好みのお味。やみつきになること間違いありません。

3. キノコやナッツ入り!具だくさんブッダサラダ

アボカドをスライスし、しいたけ・レッドキャベツ・パプリカ・ひまわりの種・葉物野菜でいろどって。

マグロのお刺身やスモークサーモンを入れて、ハワイのポキ風にしてもおいしいのではないでしょうか。

4. 厚揚げや豆腐を入れた腹持ちブッダサラダ

蒸したケールと厚揚げ、炒めたレッドキャベツとカリフラワーライス、ゆっくりローストしたトマトを合わせてみてはいかが?

ケールに含まれている食物繊維の量は100gあたり3.7g。βカロテンも2900μg含まれた、栄養価の高いスーパーフードなんです。

5. 厚揚げをちりばめたブッダサラダ

トマト・いちご・きゅうり・葉物野菜をちりばめて。キューブ状になっているのはクルトンではなく、厚揚げなんです。

一般的なクルトンのカロリーは、100gあたり407kcalほど。日本では500kcalくらいの商品も販売されています。お豆腐から作る厚揚げは同じ重量で150kcalと1/2以下というヘルシー食材です。

6. 豆類を使った低脂質ブッダサラダ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう