ライター : mamhiroe

アスリートフードマイスター / オーガニックフードソムリエ

RYT200ヨガ&アーユルヴェーダ修了。元LomiLomiセラピスト。 男子3女子1、子供4人のママ。Hawaiiをこよなく愛する♡ 「身体・心・食の3つをバランスよく、何事もシンプルに」がモット…もっとみる

にんにくを上手に使いこなす!

そのパンチのある香りで、人々の食欲をかきたてる「にんにく」。ほんの少し、料理に加えるだけで絶大な印象を残しますよね。 ちなみに今年はありませんでしたが、2月29日はにんにくの日。「2=にん、2=に、9=く」という語呂合わせからきています。4年に一度のチャンスとして、この日は多くのイベントも開かれるんですよ。 ということで今回は、macaroniおすすめのにんにくレシピをご紹介します。メイン食材から調味料まで、にんにくを堪能してくださいね。

「肉おかず」をガツンと印象的に

1. にんにく醤油の冷凍唐揚げ

Photo by macaroni

にんにくを効かせた漬けダレで作った「にんにくしょうゆ唐揚げ」。揚げたてを冷凍することと、解凍するときはオーブントースターを使うことで、冷凍した唐揚げも揚げたてのように味わえます。 小分けに冷凍することで、お弁当やひとりごはんなど少量使いたいときにも便利です。レンジで解凍の場合は、様子をみながら時間を調整してくださいね。

2. こってりトリテキ

Photo by macaroni

鶏むね肉を使った「トリテキ」。鶏むね肉に細かい切込みを入れて、調味料をよく揉みこむことでしっとりと焼きあげられますよ。 ソースには、玉ねぎのすりおろしを加えることで甘味も加わり、とろみがでて鶏肉にもよく絡みます。ニンニクの香ばしい香りと、甘辛のソースはごはんがどんどん食べられるひと品です。

3. 手羽元のにんにく醤油焼き

Photo by macaroni

手羽元をにんにくが効いた調味料に漬けて冷凍しておく「手羽元のにんにく醤油焼き」。調味料に漬けて冷凍しておけば、必要なときに必要な量だけ使えるので、とても便利な冷凍作り置きおかずです。 冷蔵庫で半解凍してから、フライパンで焼きつけてくださいね。にんにくをさらに効かせたいときは、半量をすりおろすとよりパンチが効いた味付けになりますよ。

「魚介おかず」に深みをプラス

1.アボカドガーリックシュリンプ

Photo by macaroni

ハワイのローカルフードとして有名なガーリックシュリンプ。アボガドとチリパウダーのうまみが加わって、新しいガーリックシュリンプのできあがりです。 華やかな見た目は、パーティーのひと品としてもおすすめです。ガーリックとチリパウダーが効いているので、おつまみとしてもよいですね。

2. ハニーガーリックサーモン

Photo by macaroni

ホイルに包んで焼き上げるので、キャンプやバーベキュー、パーティーやお家ごはんなど、どんなシチュエーションでも活躍してくれる「ハニーガーリックサーモン」。ガーリックとバターの香りが、食欲をそそります。 ホイル焼きにすることで、しっとりと焼きあがります。家族や友人の目の前でホイルを開ければ、焼きたての香りが広がって、盛り上がること間違いなしですね。

特集

FEATURE CONTENTS