ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

献立のメインに!ひな祭りの「主食」レシピ7選

1. 牛乳パックで!ひし形のサーモンバラ寿司

牛乳パックで型を作る、菱餅風のお寿司はいかがでしょう。ゆかり、白いりごま、青のりで酢飯を色付けするだけで、簡単に土台ができあがります。炒り卵を作れば、あとはデコレーション。サーモンでお花を作って華やかに演出しましょう。

2. コブサラダ風。海鮮ちらし寿司

ストライプ状に具材を並べる、人気のコブサラダ風ちらし寿司もおすすめ。具材を用意しておけば、あとは彩りよく盛り付けるだけで完成です!ひな祭りのテーブルが豪華になりますね。インスタ映えする、ホームパーティーのメインレシピです。

3. ちょこんとかわいい。雛人形のお寿司

ひな祭りのお寿司はひと手間加えて、内裏雛(だいりびな)にしませんか?サーモンと大葉を襟元にしのばせて、茶巾は着物がわりにします。うずらの卵の飾り付けは、ぜひお子さんもご一緒に。共同作業をすれば楽しいひな祭りの思い出になること間違いなしですよ。

4. カクテルみたい。むきえびとサーモンのジュレ寿司

ひな祭りに開く女子会は、ちょっとオシャレに演出してみましょう。カクテルグラスに詰めていくだけなので、具材を準備しておけば意外と簡単。仕上げのしょうゆジュレがキラキラ光って、乙女心をくすぐります。ひな祭りパーティ―にもよろばれますよ。

5. 薄焼き卵をくり抜いて!雛人形オムライス

小さなお子さんにはお寿司のかわりに、オムライスがおすすめです。薄焼き卵をくり抜いて、スライスチーズと海苔でお内裏様とお雛様の顔を作れば、立派なひな祭りバージョンに。にんじんや絹さやでかわいく飾り付けてくださいね。お弁当にも活用できるレシピです。

6. 大根で作る。椿の手まり寿司

Photo by macaroni

食卓にぱっと花を咲かせるのは、こちらの椿の手まり寿司。花びらには大根を使い、おめでたい紅白カラーで作りましょう。酢飯には鮭フレークを混ぜ込めば、味わいもバッチリ。お祝いごとにぴったりなひと品です。ひと口サイズなので、お子さんでも食べやすいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ