ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

ひな祭りの主食レシピ5選

1. ひな祭りのデコレーション寿司

牛乳パックで型を作って、菱餅風のお寿司はいかがでしょう。ゆかり、白ごま、青のりで酢飯を色付けするだけで簡単に土台ができあがります。炒り卵を作ったら、あとはデコレーション。サーモンでお花を作って華やかに演出しましょう。

2. コブサラダ風ばらちらし寿司

ストライプ状に具材を並べれば、流行りのコブサラダ風。具材を用意しておけば、あとは彩りよく盛り付けるだけで完成!ひな祭りのテーブルが豪華になりますね。インスタ映えする、ホームパーティーのメインレシピです。

3. 五目寿司で茶巾びな

ひな祭りのお寿司はひと手間くわえて、内裏雛にアレンジしてみませんか?サーモンと大葉を襟元にしのばせて、茶巾が着物がわりです。うずらの卵の飾りつけは、お子さんも一緒に共同作業すれば楽しいひな祭りの思い出になること間違いなし。

4. エビと菜の花のカクテル寿司

ひな祭りに開く女子会は、ちょっとオシャレに演出してみましょう。カクテルグラスに詰めていくだけなので、具材を準備しておけば意外と簡単。仕上げのしょうゆジュレがキラキラ光って、乙女心をくすぐります。

5. ひな祭りオムライス

小さなお子さんにはお寿司のかわりに、オムライスがおすすめです。薄焼き卵をくり抜いて、スライスチーズと海苔でお内裏様とお雛様の顔を作れば立派なひな祭りバージョン。ニンジンや絹さやでかわいく飾り付けてくださいね。

ひな祭りの主菜レシピ3選

6. 紅白もち米しゅうまい

女の子のお祭りですから、シュウマイだって思いっきりラブリーにしちゃいましょう。シュウマイの皮のかわりに、食紅で色付けしたもち米をつけて蒸したもの。はんぺんを桜型に切り抜いてデコレーションすれば、春らしいひと品になります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS