冷凍野菜

500gほど入って400円前後で手に入る冷凍野菜は冷凍野菜が安くなる週末などに買いにいくとさらに安く手に入ることも。野菜の価格変動が天候に左右されやすい葉物野菜などは、高騰の時期に冷凍を選ぶとうまく家計をやりくりできますよ。

プラスワンポイント!安い野菜を上手に活用する方法

正しい方法で保存する

いくら安い価格で手に入れても、正しく保存していないと野菜のダメージも大きくなってしまいます。どの野菜も基本的に冷凍ができますが、生の状態で冷凍するのか、下処理してから冷凍したらよいのかなど、野菜によって保存方法も違います。正しく保存することはおいしく食べられることにもつながりますので、それぞれの野菜の保存方法をチェックしてくださいね。

使い切れる分だけ購入する

賢く購入するためには、必要な分量がどのくらいか、買う野菜がどのくらいのお料理に使えそうかなどをあらかじめ把握しておくのも大切。安いからと言って買いすぎると野菜が傷んでしまい、捨ててしまう結果にもつながります。 世帯人数に対して多めに買う場合は、3レシピほど頭に浮かべてから買うことで野菜の買いすぎを予防できますよ。レシピがあまり浮かばない場合は使い切れる分だけを買うようにしましょう。

賢く買って、賢く使おう!

冷蔵庫のなかに必ず置いておく野菜をあらかじめ決めておくことで、その野菜中心のレシピが生まれ、レパートリーがうんと広がります。そうすることで価格が高騰した野菜を使わなくても賢く家計をコントロールすることができ、価格の変動に左右されることがありません。 ご紹介したお野菜のほとんどは、和洋中さまざまな調理にも向いていてアレンジがしやすいものばかりです。これから旬をむかえるものもたくさんありますから、ぜひ常備野菜のひとつに加えておいしいアレンジをお楽しみくださいね。
▼旬の野菜で作る、おすすめレシピはこちら
Photos:1枚
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ