ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

ワラビのアク抜きの仕方

ワラビはそのままで食べることはできず、必ずアク抜きをする必要があります。また、採ってから時間が経つと硬くなってしまうので、採った日もしくは購入したら、その日のうちにアク抜きをするようにしましょう。 【手順】 1. ワラビを流水で洗います。 2. 根本の硬い部分を3cmから5cmほど切り落とします。 3. 大きめの鍋にお湯をたっぷり沸かし、湯量の1%弱の重曹を加えます。 4. 一旦火を止めて、お湯を冷まします。(沸騰状態は避けましょう) 5. ワラビを全体がお湯に漬かるように入れ、落し蓋をします。 6. そのまま半日もしくはひと晩寝かします。 ※寝かしている間は、時々やわらかさを確認するのがおすすめです。 7. 好みのやわらかさになれば、アク抜きは完了です。流水で洗い、そのまま使うことができますよ。

アク抜きの判断の仕方

ワラビのアク抜きがうまくできたか否かの判断は、少し食べてみてえぐみがあるかどうかを確認します。また、切り口の“ぬめり”を確認するのがいいですよ。トロッとした粘りがあれば上手にアク抜きができている証拠。 トロンとやわらかくなり過ぎて溶けてしまう場合もあり、これは食感がよくありません。おいしくいただくには食感も重要なポイントです。よく処理ができたわらびは、噛むとサクッとした歯切れのいい食感があります。

ワラビの煮物レシピ4選

1. ワラビと厚揚げの炊いたん

ワラビが扱えるようになれば、お料理の幅がぐんと広がります。少し手間のかかる食材だけに、こなれた感もありますよね。まずはシンプルな厚揚げ豆腐との炊き合わせをご紹介します。お出汁の染み込んだ厚揚げの旨みはもちろん、油の染み出したお出汁も抜群のおいしさです。ワラビのほろ苦さがいいアクセントになります。

2. ワラビの卵とじ

こちらはワラビの煮物を卵とじにしたひと品です。だしと醤油、みりんの煮汁に、ふんわりと卵が絡んで、ほっこりとやさしい味わいが楽しめますよ。お子さんも食べやすい、ワラビ料理です。

3. ワラビの佃煮

こちらは、ごはんとの相性がいい佃煮のレシピです。作り置きにもぴったり◎献立の副菜やお弁当の隙間にも使えるお料理ですよ。しっかりとした旨みのあるお味なので、日本酒のアテとしてもおすすめです。

4. 彩り筍そぼろ煮

続いては、そぼろと合わせてボリュームたっぷりでいただくひと品。合い挽き肉の脂が回ってワラビもこっくりとした味わいに◎そぼろにはにんじんが入るので彩りがよく、丼にしてもよさそうですよ。そぼろ、たけのこ、ワラビ、それぞれの食感の違いも楽しめます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS