ニラに含まれる栄養素とは?栄養を逃がさない食べ方を管理栄養士が紹介!

今やスーパーで1年中買うことのできるニラ。どんな栄養素が含まれ、それを体に上手に取り入れるにはどのようにしらた良いのでしょうか?買う時の選び方や保存方法、おすすめの食べ合わせとともに管理栄養士がお伝えします!

2018年10月30日 更新

ニラには、どんな栄養素が含まれている?

ニラに含まれる栄養素はどんなものがあるのでしょうか?まずは、ビタミン以外のものを順に4つ紹介します。

カリウム

人体に必要なミネラルの一種で、細胞内液の浸透圧を調節して一定に保つ働きがあります。神経の興奮性や筋肉の収縮に関わっており、体液のpHバランスを保つ役割も果たしています。ナトリウムを身体の外に出しやすくする作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節するのに役立ちます。(※出典1)

食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、どちらも体内には吸収されませんが、重要な役割を果たしています。ニラに多く含まれる不溶性食物繊維は、水に溶けにくい性質がありますが、水分を吸収して便の容積を増やします。便の容積が増えると大腸が刺激され、排便がスムーズになります。

また、有害物質を吸着させて便と一緒に体の外に排出し、腸をきれいにする働きもあります。さらには大腸内の細菌により発酵・分解され、ビフィズス菌などの善玉腸内細菌の餌になるため、善玉菌が増え、腸内環境を整える働きがあります。(※出典2)

モリブデン

ミネラルの一種で肝臓や腎臓、皮膚などに存在していて、たんぱく質や鉄の代謝に関与しています。モリブデンが不足すると神経障害、成長障害を起こすと言われています。また、モリブデンは尿酸の合成を助けるために、過剰に摂取すると血中の尿酸濃度が上昇し、痛風様症状が現れますが、通常の食事では、欠乏症や過剰症を起こす心配はありません。(※出典3)
1 / 6

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう