ライター : 上田 裕美

管理栄養士

J.S.Aソムリエ、調理師。栄養専門学校を卒業後、都内イタリア料理店で専門的な料理とワインの知識を学ぶ。管理栄養士資格を取得し、在宅訪問栄養指導、病院や保育園で献立やレシピの作成…もっとみる

ヤングコーンの栄養と効果効能

食物繊維

ヤングコーン100gあたりには、食物繊維が2.7g含まれています。

食物繊維は水に溶ける水溶性と水に溶けにくい不溶性があり、それぞれはたらきが異なります。ヤングコーンは両方の食物繊維を含んでいますが、特に不溶性食物繊維が豊富です。

不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむため、腸を刺激して便通を促す作用がありますよ。(※1,2)

カリウム

ヤングコーン100gあたりには、カリウムが230mg含まれています。

カリウムは、肝臓や筋肉の細胞に多く存在するミネラルです。体内の余分な塩分(ナトリウム)を外に出す作用があるので、血圧を下げるはたらきがあります。

また、カリウムは水に溶けやすい栄養素です。ヤングコーンをゆでるときはなるべく短い時間にしたり、煮汁ごと使う料理にしたりするとカリウムを無駄なく摂れますよ。(※1,3,4)

ビタミンE

ヤングコーン100gあたりには、ビタミンEが0.4mg含まれています。

ビタミンEは強い抗酸化作用がある栄養素です。体内で脂質の酸化を抑えたり、血中の悪玉コレステロールを減少させたりするはたらきがあります。

脂溶性のビタミンなので、油脂と一緒に摂ると吸収率が高くなります。ヤングコーンを炒めたり、油を使ったドレッシングで食べたりするとビタミンEを効率よく摂取できますよ。(※1,5)

葉酸

ヤングコーン100gあたりには、葉酸が110μg含まれています。

葉酸はビタミンB12とともに赤血球をつくるはたらきのほか、細胞の生産や再生を助ける作用があります。体の発育に関わる栄養素なので、妊娠を計画している方や妊娠中の方は積極的な摂取が望まれています。

とうもろこし100gあたりに含まれる葉酸は95μg、きゅうりは25μgです。ほかの野菜と比べても、ヤングコーンは葉酸が豊富ですよ。(※1,6,7,8,9)
※とうもろこし=スイートコーン

ヤングコーンのカロリーと糖質量

Photo by macaroni

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ