肉だねは山になるように詰める

お肉は、加熱すると縮みます。そのため詰める肉だねの量が少ないと、焼き上がっとときピーマンとの間にすき間ができる原因に。縮んだ状態でちょうどよい量になるようたくさん詰めて山のようにすると、剥がれにくくなるうえにふっくらと仕上がります。

冷凍がおすすめ♪ ピーマンの肉詰めの保存方法

ピーマンの肉詰めを長持ちさせたいなら、冷凍保存するのがおすすめです。焼いたあと、ひとつひとつをラップで包んでフリーザーバッグに入れ、冷凍しましょう。この状態で1ヶ月ほど日持ちします。

解凍方法

冷凍したピーマンの肉詰めを食べる際は、フライパンや電子レンジで温めましょう。自然解凍をすると、べちゃっと水っぽくなってしまいます。お弁当に入れる際も、冷凍状態のままではなく一度解凍してから詰めてください。

和風やパン粉なしも!ピーマンの肉詰めの人気レシピ5選

1. 和風ピーマンの肉詰め

Photo by macaroni

ふわふわな肉だねをピーマンにたっぷりと詰めた、ピーマンの肉詰めレシピです。蒸し焼きにすることで、ふっくらジューシーに焼き上がります。基本と違うのは、醤油やみりんで和風の味付けにしていること。甘辛いタレでご飯がすすみますよ!

2. 中華風ピーマンの肉詰め

Photo by macaroni

人気の中華料理「青椒肉絲(チンジャオロース)」風に仕上げられた、中華風ピーマンの肉詰めレシピです。たけのことパプリカのみじん切りを混ぜ込んだ肉だねはボリュームたっぷり。オイスターソース入りのの甘辛タレでいただきましょう。

3. パン粉なし!まるごと肉詰めピーマンのトマト煮

Photo by macaroni

ピーマンをまるごと使い、肉だねをたっぷり詰めたひと品です。トマトソースでコトコト煮るのでピーマンの苦味もやわらぎ、とってもジューシーに仕上がりますよ。粉チーズをたっぷりかければ、おもてなしにもぴったりです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ