ライター : IsFoodHealthLABO

I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ) 管理栄養士、栄養士をはじめとした有資格者が所属する食と健康のエキスパート集団。EBN(Evidence Based Nutrition)の考え方を大…もっとみる

離乳食でみかん、いつからOK?

みかんは、離乳食の初期(5,6ヶ月頃〜)からあげることができます。手で皮をむくだけで食べられるので、毎日離乳食を作るママにとっては使い勝手のよい食材です♪ 離乳食開始前に果汁を与えることが推奨される時代もありましたが、今ではその必要はないと言われています。(※出典1)急いで食べさせなければいけないということもありません。赤ちゃんの食べたいという意欲に合わせてゆっくりとすすめていくことが大切です。

離乳食でみかんをあげるときの注意点

離乳食初期から使える食材ですが、あげる際には注意も必要です。みかんをあげる時の注意点をご紹介します。

アレルギー

みかんは、アレルギー表示の対象となる27品目には含まれていませんが(※出典1)、離乳食で新しい食材を与えるときは、ひとさじから始めましょう。赤ちゃんの食べる様子、食べたあとの皮膚や便に変わったことがないかどうかを観察してくださいね。

薄皮はむく

みかんの薄皮は赤ちゃんには消化しづらいので、むいてあげることをおすすめします。離乳食初期にあげる場合は、果汁をしぼってあげるとよいですね。その際には清潔な手でさわるようにしましょう。

酸味があるときの対処法

みかんには酸味があるので、抵抗のある赤ちゃんもいるかもしれません。加熱をすると酸味がやわらぐという話を耳にしますが、残念ながら根拠はありません。しかしながら、実際に酸味がやわらいだように感じる人もいるのは事実。もし赤ちゃんが酸味がイヤだと感じているようであれば、加熱してあげてみるのもいいでしょう。特に始めの頃は加熱することで衛生的に安心な面もあるので試してみる価値はありそうです。 ひとつ覚えておいてほしいのは、離乳食でみかんを無理強いする必要はまったくないということ。甘みの強いみかんがあったときに再度試してみるくらいの気持ちでいるようにしましょうね!

<時期別>あげ方の目安とポイント

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS