ライター : 上田 裕美

管理栄養士

J.S.Aソムリエ、調理師。栄養専門学校を卒業後、都内イタリア料理店で専門的な料理とワインの知識を学ぶ。管理栄養士資格を取得し、在宅訪問栄養指導、病院や保育園で献立やレシピの作成…もっとみる

監修者 : 中田 馨

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事・中田家庭保育所施設長

息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、24年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和…もっとみる

離乳食の区分や形状について

Photo by macaroni

離乳食の区分

離乳食の区分は4つにわかれており、下記のとおりです。

初期:生後5〜6ヶ月頃
中期:生後7~8ヶ月頃
後期:生後9〜11ヶ月頃
完了期:生後12〜18ヶ月頃

それぞれがおおよその目安となるので、赤ちゃんの発達を確認しながら参考にしてくださいね。(※1)

離乳食の形状

離乳食の形状は、食材を加熱してやわらかくするのが基本です。それぞれの区分での形状目安を紹介します。

初期:なめらかにすりつぶした状態
中期:舌でつぶせる固さ
後期:歯ぐきでつぶせる固さ
完了期:歯ぐきで噛める固さ

離乳食は、授乳のタイミングに合わせて与えます。生後5ヶ月頃までに授乳のリズムを整えておくと、スムーズにスタートできますよ。(※1,2,3)

離乳食の初期はどんな状態?

Photo by macaroni

離乳食は赤ちゃんの発達状況を確認しながら、適切な時期に開始しましょう。生後5〜6ヶ月という月齢のほか、

・首のすわりがしっかりして寝返りができ、支えてあげると5秒以上座れる
・食べ物に興味を示して、スプーンを口の中に入れたときに、舌で押し出すことが少なくなる

などのサインを確認できれば、離乳食を始めるタイミングです。

初期食は一日1回から始めますが、1ヶ月を過ぎた頃には午前と午後の2回食にして、食材の種類も増やしていきます。(※1,2)

離乳食初期(1回食)の具体的な食材や与える量

食材の種類

初期食は10倍粥をつぶした10倍つぶし粥から始めて、慣れてきたらほかの食材にもチャレンジしましょう。

いも類
・じゃがいも
・さつまいも など

野菜類
・かぼちゃ
・にんじん
・だいこん
・かぶ
・ブロッコリー
・ほうれん草
・トマト など

大豆製品
・豆腐

離乳食初期に味付けは必要ないですが、生後5ヶ月頃から使えるベビーフードの粉末だしや、昆布だしは初期の頃から使用できます。市販の顆粒だしは塩分が入っているものがあるので、離乳食には使わないようにしましょう。(※2,4,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ