アイス+フルーツグラノーラ

フルーツグラノーラに含まれている食物繊維やビタミンB1は、糖質の吸収を抑えたり、代謝を助ける働きをすることが期待できます。(※出典6,12)また、穀物やドライフルーツなどの硬い食物が含まれているので、噛む回数が増えることで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎの軽減効果もあります。(※出典17)

コンビニで実践できる食べ合わせダイエット

おにぎり+枝豆

枝豆の原料である大豆に含まれている食物繊維やビタミンB1は、おにぎりの主成分である糖質の吸収を抑えたり、代謝の促進を助ける働きがあります。(※出典6,12) また、おにぎりの具材も鮭や昆布を選ぶのがオススメです。鮭に含まれるEPA、昆布に含まれる食物繊維には、血中中性脂肪やコレステロールを下げたり、糖質の吸収を抑える働きがあります。(※出典6,11)

菓子パン+海藻サラダ

海藻には、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。海藻のぬめり成分である水溶性食物繊維「アルギン酸」「フコイダン」は、菓子パンに含まれる糖質や脂質の吸収を抑え、コレステロール値の上昇を抑えてくれる働きや腸内環境を整える働きがあると言われています。(※出典18)

サンドイッチ+ブルーベリー+ヨーグルト(プロバイオティクス入り)

ブルーベリーに含まれている食物繊維は、サンドイッチのパンに含まれる糖質の吸収を抑える働きがあります。(※出典12)また、食物繊維と、ヨーグルトに含まれているプロバイオティクスは、内臓脂肪を減少させる働きにおいて相乗効果を発揮するとも言われています。(※出典19)

できることから始めてみよう!

食品の組み合わせを意識して食べることで代謝を上げ、ダイエットにつなげることができれば嬉しいですよね。ただし、組み合わせを工夫したからといって食べ過ぎには注意が必要です。食事全体の栄養バランスを整えながら、適量を食べることが大切であることは、言うまでもありません。 さまざまな食材を組み合わせて食べることは、食事全体の栄養バランスを整えることにも役立ちます。単品食べをしてしまうことが多い方や、代謝を上げる食べ合わせを意識したことがない方は、食べ合わせダイエットを実践してみてはいかがでしょうか。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ