焼き肉+パイナップル

パイナップルには、ブロメライン(ブロメイン)と言われるたんぱく質分解酵素が含まれています。酢豚などのお肉料理を作る際に、パイナップルの果実を一緒に入れることで、固いお肉がやわらかくなる原理と同様に、焼き肉のたんぱく質の分解を助け、体内での消化・吸収・代謝を促す働きがあると考えられます。(※出典9)

親子丼+大根おろし

大根の根にはアミラーゼと言われる酵素が含まれています。白ご飯の主成分である糖質の分解を助け、消化・吸収・代謝を促進する働きがあり、ダイエットに繋がると考えられています。(※出典10) 大根おろしをのせると、親子丼がさっぱりと食べられるので、ひと味違う楽しみ方としてもオススメの食べ合わせです。

パスタ+オイルサーディン

マイワシには、体内の中性脂肪量を下げる働きがあると言われている、良質な油のEPAが豊富に含まれています。(※出典11)パスタの主成分である糖質は、摂りすぎると体内の中性脂肪を増やす元となるため、EPAを豊富に含むマイワシとの組み合わせがよいと考えられます。 オイルサーディンは前菜として食べても、パスタと一緒に食べてもOK。お好きな食べ方でおいしく召し上がってくださいね。

ラーメン+野菜のトッピング

ラーメン屋さんで野菜のトッピングが追加できるお店に行った際に、ぜひやっていただきたいのがこちらの食べ合わせ。野菜に含まれる水溶性食物繊維には、糖質と脂質の吸収を抑える働きがあると言われています。(※出典12) また、豚肉に含まれるビタミンB1は糖質代謝を促進する働きがあるため、脂質の少ないチャーシューであれば、トッピングに追加するのもオススメです。(※出典6)

ステーキ+ガーリックソース

ダイエットの際には、脂質が少ない赤身のお肉の部位を選ぶことが重要ですが、ステーキソースが選べる場合、ガーリックソースがオススメです。にんにくに含まれているスコルジニンは、エネルギー代謝を活発にして肥満を防ぐ作用があると言われています。(※出典13) さらに、にんにくにはアリシンという、ビタミンB1の吸収率を高める成分も含まれています。また、主食を白米よりもビタミンB1が豊富な玄米にすると、プラスαで糖質代謝を促すことが期待できます。(※出典6)

食べ合わせダイエットの具体例【お家ごはん編】

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ