ベニアカリ

赤い皮に肉色が白。高いでんぷんの粉質のじゃがいもになります。むいても変色しにくく、調理後も黒変も少ないです。皮がむきやすく、蒸し時間が短い等の特徴も持っています。

おすすめの食べ方

調理時間がかかる料理も時短を図ることができるのでおすすめです。コロッケやマッシュポテト、パンケーキなんかにも向いています。色も綺麗に完成させることができます。

インカルージュ

新種の赤皮じゃがいもです。中が鮮やかな黄色で人気の「インカのめざめ」の栗のような食感をしっかりと受け継ぎながらも、よりさらっと食べやすいじゃがいもです。上手に保存していれば春までおいしく食べられます。

おすすめの食べ方

調理しても鮮やかな黄色のままで煮崩れもしづらく、煮物はもちろん、おでんなどにも向いています。味がよく染み込んでいるにも関わらず食感も変わらずにいただくことができます。

切ってみたら中まで赤い……食べられるの?

いざ赤いじゃがいもを調理しようと切ってみると中まで皮のように赤くなっていて驚く方も少なくないです。 中まで赤いのは問題ないでしょうか?答えは問題ないです、食べられます!火を通すとその赤色がなくなることが多いので気にせず調理していただいて構わないですよ。

積極的に赤いじゃがいもを食べよ♪

じゃがいもはたくさんの種類があり、奥が深いです。赤いじゃがいもは色もとても映えますので、今流行りのインスタ映えにも最適です。皆からの注目の的間違いありません! 調理法、料理内容によってじゃがいもを使い分けるともっとじゃがいもを楽しめると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
Photos:4枚
切られたアンデスレッド
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ