冷凍保存も!大根を丸ごと1本おいしく味わう保存方法

大根はやっぱり丸ごと1本がおいしそう!と買ったものの、保存と消費に悩む方も多いのではないでしょうか。今回は、大根をおいしく味わえるおすすめの保存方法をご紹介します。大根は冷蔵だけでなく冷凍保存もOK。3種の保存方法と保存期間、おすすめレシピもありますよ♪

2019年7月31日 更新

大根を冷蔵で保存する方法

まるごと1本保存することもできますが、カットすると使い勝手がよく、冷蔵庫の場所も取りません。また、大根は部位によって味が異なります。甘みが強い葉に近い上部、辛味が多い先端、甘みと辛味のバランスがとれている真ん中と、分けてカットするのもおすすめです。

手順

1. 葉を根本から切り落とします。

2. 大根を好みの大きさにカットしたら、全体をラップ、または湿らせた新聞紙で包みましょう。

3. 水分が逃げないようしっかり包んだら、冷蔵庫の野菜室へ!その際、必ず立てて保存するようにしましょう。牛乳パックやペットボトルなどを利用すると便利です。

4. 葉の部分はゆで、しっかり水気をしぼったら、ラップに包むかジップ付き袋で保存しましょう。小さくカットしておくと、調理するときに使いやすいですよ。

保存期間

冷蔵庫の野菜室で保存する場合の目安は、1週間~10日になります。葉の保存目安は3日と短めなので、早めに消費しましょう。

冷蔵保存した大根を使ったおすすめレシピ3選

1. 豚こまでくるっと!「肉巻き大根のジュワうま角煮風」

青くて細い斜めストライプの長方形皿に盛られた、肉巻き大根のジュワうま角煮風

Photo by macaroni

冷蔵保存の大根だからこそ作れる、肉巻き大根です。ピーラーでリボン状にした大根を豚肉でくるくる巻くだけ。甘辛だれで味付けしますが、真ん中にしょうがを入れるため、ピリリとしたアクセントも楽しめます!おつまみにもいかがでしょう。

2. うま味じゅんわり♪ 「大根ステーキの辛味噌そぼろあんかけ」

フチが茶の器に盛られた、大根ステーキの辛味噌そぼろあんかけ

Photo by macaroni

大きな大根で作りたい!たっぷり大根を使える大根ステーキです。浅く切り込みを入れた大根は、ラップでチンするため調味料がしみしみに♪ 大根が透き通るまで、しっかり加熱するのがポイントです。辛味のあるそぼろあんもレンジで作れますよ。

3. じゅわっとジューシー!「大根のはさみ揚げ出し」

濃紺の和風皿に盛られた、大根のはさみ揚げ出し

Photo by macaroni

鶏のひき肉を大根でサンドした、大根のはさみ揚げ出しです。レンジでチンした大根に、鶏のうま味がしっかり♪ フライパンでこんがり揚げ焼きにしたら、アツアツをいただきましょう。味付けにはめんつゆを使うため、ラクラクですよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう