大根&大根おろしの冷凍保存ガイド!煮込み料理の下ごしらえにも◎

今回は、大根の正しい冷凍方法をご紹介!実は、大根おろしも冷凍で保存できるんですよ。大根は冷凍すれば、煮込み料理に使いやすくなったり長期保存が可能になったりと、メリットが盛りだくさん。ぜひ、試してみてくださいね。

大根を冷凍するとまずい?

大根を冷凍するとまずくなる、という話がありますが、冷凍保存しても大丈夫なのでしょうか?

実は大根のように水分の多い野菜は、冷凍すると細胞内の水分が膨張し、細胞壁を壊してしまいます。すると、解凍したときにシャキシャキした食感がなくなってしまうため、まずくなったと感じるのです。

煮物には最適!

しかしこの冷凍大根、煮物との相性は抜群なんです!細胞壁が壊れているため、煮物などのお料理はしっかり味が入り、噛むたびに煮汁がじゅわりと染み出してくる絶品の仕上がりに。食感の違いも、やわらかく煮込んでいるためほとんど気になりませんよ。

また味が入りやすいというのは、調理時間の短縮という面でも重要なポイント。煮物は味を染み込ませるのに時間がかかりますが、冷凍大根なら時短にもなってくれるのです。むしろ煮物のために、下ごしらえとして冷凍しておくのもおすすめです。

大根の冷凍保存はこうしよう!

大根を生のまま保存するのは、どうしてもかさばってしまうもの。とはいえ慌てて食べようとしても、やはりサイズが大きいので難しいですよね。

そんなときに便利なのが、冷凍保存。賢く冷凍保存する際のポイントについて、チェックしてみましょう!

手順

1.大根は皮を剥き、食べやすい大きさか、使う予定のある料理に合わせた切り方で切っておきます。

2.ラップでなるべく空気を入れないように大根を覆い、ここでも空気を抜きながらフリーザーバッグに入れます。

3.冷凍庫に入れて凍らせます。金属製のバットがある場合はそこにのせて、なるべく速く凍るようにしましょう。

保存期間&解凍方法

大体1ヶ月ほどは冷凍庫にて保存可能です。ただ冷凍していても少しずつ劣化は進んでしまいますので、なるべく早く食べることをおすすめします。

使うときは冷蔵庫に移して、自然解凍させるようにしましょう。

冷凍大根のおすすめレシピ3選

冷凍大根におすすめなのは、味をしっかり染み込ませるタイプのレシピ。今まで生で作っていたという方も、ぜひ一度冷凍大根を使って、味の違いをチェックしてみてくださいね。

1. 鶏肉と大根の煮物

冷凍大根のよさを十分に発揮できる料理は、やはり「煮物」です。味が染み込みやすいので、時短で絶品な仕上がりになりますよ。鶏肉と一緒に調理すれば、大根が旨みとコクを吸収します!

2. さつまいもと冷凍大根の味噌汁

優しい味わいの味噌汁も、冷凍大根ならじゅわっと出汁が溢れるひと品に仕上がります。こちらのレシピでは、さつまいもを使ってホク旨な味噌汁に。大根は淡白な味わいなので、どんな食材とも合いますよ。

3. 冷凍大根のステーキ

特集

SPECIAL CONTENTS