下ごしらえ・切り方

なすは切ってから時間が経つと、変色するお野菜の代表選手。灰汁ぬきをしても、きれいな色合いとは言い難い……。それなら切らずに楽しみましょう。なすは、きれいに洗ってヘタを落とします。竹串でプスプスと全体的に穴を開け、アルミホイルに包めば下ごしらえは完了。

保存方法

下ごしらえしたなすは、アルミホイルごとポリ袋へ。必ず冷蔵庫で保管しましょう。BBQ当日は、保冷剤の入ったクーラーボックスで持っていけばOKです。

おいしい食べ方

アルミホイルに包んだなすは、そのまま網のうえで焼きましょう。ときどきひっくり返しながら、全体的に火を通します。トングでホイルごしになすを握って、やわらかくなっていればちょうど食べごろ。皮ごと食べられますが、気になる方はむいても◎。お好みのたれで召し上がれ♪

BBQをもっと盛り上げる野菜レシピ5選

1. 子供から大人までテンションアゲアゲ「焼きとうもろこし」

焼きとうもろこしの香ばしい香りと焦げ目のついたビジュアルは、みんなの気持ちを高揚させる不思議な魅力を持っていますね。甘辛い屋台風のとうもろこしもいいですが、バター醤油とクレイジーソルトでパンチのある味わいも◎。

2. お祭り気分「まるごときゅうりバー」

アツアツの焼き野菜が多いBBQ。ひんやりとした浅漬けは、口直し代わりにことのほか喜ばれます。浅漬けの素を使えば、作るのも簡単。きゅうりは部分的に皮をむくと味のしみこみもよく、見た目も◎。最後の仕上げに割りばしを刺せば、気分はもうお祭り♪

3. ほっこり甘酸っぱい「りんごのホイル焼き」

簡単にできる焼きりんごもBBQで試してみたい、おすすめのメニューです。甘みと酸味がほどよい焼きりんごは、お子さまに喜ばれるのはもちろんのこと、ワインのお供にもぴったりです。
Photos:4枚
1. 子供から大人までテンションアゲアゲ「焼きとうもろこし」
きゅうりをまるごと浅漬けに。割りばしで串刺しにするとビジュアルも◎
シナモンシュガーがたっぷりかかったりんごのホイル焼き
焦げ目のついた香ばしい焼きおにぎり
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ