焼き方

5. スキレットに生地を流し入れます。

Photo by ako0811

布巾の上で一旦冷ましたスキレットを再び弱火であたため、生地を流し入れまます。 今回使用のスキレットは小さいので型にぴったりのパンケーキになりますが、大きいスキレットを使用する場合は、少し高いところから落とすように生地を流しいれましょう。そうすることできれいな円形になりますよ。

6. 蓋をして弱火でゆっくり焼きます。

Photo by ako0811

ぴったりの蓋がない場合は、アルミホイルをかぶせてもよいでしょう。表面にプツプツと穴があいてきたら、裏返すタイミングです。

Photo by ako0811

底をフライ返しですくってみると、よい焼き加減になっているのが分かります。

7. 裏返します。

Photo by ako0811

フライ返しにパンケーキをのせたら、スキレットをかぶせるように持ちましょう。そのままスキレットごとひっくり返すことで、勢いでつぶれたりせずにふんわりしたまま返すことができます。

Photo by ako0811

ひっくり返したら再度蓋かアルミホイルをかぶせて1~2分弱火で焼きます。

8. 裏面もゆっくり焼いて完成です。

Photo by ako0811

両面焼けたら完成です。全体がふんわりとカサ高いパンケーキができ上がりました。スキレットの持ち手はとっても熱いので火傷には十分に注意してくださいね。

ふわふわに仕上げるコツ

1. 小麦粉は混ぜすぎると粘りが出て膨らみにくくなります。なので、粉を入れる前にほかの材料をすべて混ぜ合わせておくことが大事です。またスキレットもあらかじめあたためて準備しておきましょう。 2. ホットケーキミックスの袋に掲載のレシピのうち、牛乳の分量の半量をヨーグルトに変えてみるのもおすすめ。ヨーグルトの酸の成分とベーキングパウダーがうまく反応しふっくら、より簡単に分厚いパンケーキになります。 3. 今回のポイントであるスキレットは、事前にしっかりと油ならしをすることで焦げ付きにくく、全体をふんわりと焼き上げることができます。
▼油ならしについてはこちらをチェック!

アレンジいろいろ!スキレットパンケーキレシピ3選

1. オーブンで作るダッチベイビー

ふわふわとしてそうな見た目のこちらは、ドイツ生まれのパンケーキ「ダッチベイビー」♪ ネーミングもかわいらしいですが、見た目もとってもおしゃれですよね。 スキレットから溢れんばかりに膨らんだパンケーキは、ナイフを入れるとシュワッと音がしそう!粉砂糖をかけていただいてもおいしいですが、お好みのソースをかけても◎。お子様のおやつにもおすすめです。

編集部のおすすめ