ライター : nyaimoi13

マレーシア在住。おいしいごはんとかわいい猫が大好物。食生活アドバイザーと小笠原流礼法花鬘の伝を取得し、おいしくたのしい毎日を心がけています。

【具材別】アヒージョレシピをマスター

Photo by macaroni

手軽でおいしいことから、大人気のスペイン料理「アヒージョ」。なんとなくお店で食べるイメージが強いですが、好きな具材を用意すればおうちでも簡単に作れるんですよ。

エビとアンチョビを使った基本レシピから、スキレット鍋やアヒージョの素を使ったレシピの魅力、たこ焼き器を使った簡単な作り方まで。アヒージョとはどんなお料理なのか、食べ方も含めてご紹介します。

そもそもアヒージョとは?食べ方も伝授!

アヒージョとは、スペイン語で「ニンニク風味のソース」という意味をもつオイル料理!代表的なタパス(前菜)のひとつで、オリーブオイルとにんにく、海鮮などの具材を煮込んで作ります。

ついついゴロッと入った具材に手が伸びてしまいがちですが、本来は旨味の染みこんだオイルから食べるのがマナー。カロリーはエビを使ったアヒージョひとり分で300kcal前後と低くはありませんが、チーズバーガー1個分だと思えばそんなに高くもないような気がしますね。

【基本】エビのアヒージョのレシピ(調理時間:20分)

Photo by macaroni

具材はいろいろありますが、人気No.1はやっぱり「エビ」!今回は、アンチョビを使った基本の作り方をご紹介します。入れたほうがおいしいですが、ない場合は抜いてもOK。スキレットやフライパン、小鍋など直火できる器具でなら作ることができますよ。

材料(2人分)

Photo by macaroni

・エビ……10尾
・アンチョビ……1缶
・エリンギ……1本
・プチトマト……5個
・パセリ……適量
・オリーブオイル……大さじ5杯
・ニンニク……ひと片
・唐辛子……1本
・塩……少々

おいしく作るポイント

火をつける前に唐辛子とニンニクを入れ、弱火でじっくり加熱することで風味が格段にアップ!アンチョビは、オイルごと加えるとコクや深みが増しますよ。エビやプチトマトは縮んだり型崩れしたりしやすいので、加熱しすぎないようご注意くださいね。

作り方

1. エビの下処理をします

Photo by macaroni

殻を剥いたら爪楊枝で背ワタを取り、分量外の片栗粉・塩を各小さじ1杯ずつ加えて揉み込み、水でよく洗い流しましょう。

特集

FEATURE CONTENTS