ライター : 馬原 香織

料理家/料理教室主宰/調理師

アヒージョとはどんな料理?

アヒージョは、オリーブオイルとにんにくで食材を煮込む料理のこと。スペインの小皿料理「タパス」のひとつで、スペインのバルで提供される定番の料理です。アヒージョとは、スペイン語で「刻んだにんにく」という意味があり、本場では「食材名+アヒージョ」が料理名として使われています。

アヒージョは、オリーブオイルににんにく、鷹の爪、食材を加え、味付けは塩だけというシンプルな料理です。本場のスペインではカスエラという耐熱陶器皿を使うことが多いですが、小鍋やスキレットなど直火調理できるもので代用するのもよいでしょう。

人気の具材は?

アヒージョに使う具材には特に決まりはなく、どんな具材を入れてもOKです。定番は海鮮具材で、えびやかき、たこやあさりが人気。肉類が食べたいときは、鶏肉や豚肉、牛肉のほか、ベーコンやソーセージなどの加工品も手軽でおすすめです。

野菜はきのこやトマトがよく合い、海鮮や肉類と一緒に入れると、彩りもよく豪華なひと皿ができあがります。隠し味にアンチョビを入れるアレンジバージョンもあり、オイルにアンチョビの旨味が染み込み最後までおいしく食べられますよ。

本場流!おすすめの食べ方

アヒージョは、具材だけでなく旨味の染み込んだオイルを食べるのも目的のひとつ。本場のスペインでは、オイルも残さず食べるのがマナーと言われています。日本ではオイルにバゲットを浸して食べるのが一般的ですが、スペインではチュロスを浸して食べるのも定番です。

バゲット以外のパンではカリッとトーストしたパンなど、ハードタイプのパンがおすすめ。旨味が染み込んだオイルは、パンに浸して最後までおいしく食べきりましょう。

おいしいアヒージョを作るコツ

  1. オリーブオイルを使い分ける
  2. 具材の水気をしっかり切る
  3. 弱火でじっくり火を通す

オリーブオイルを使い分ける

アヒージョ作りに欠かせないオリーブオイルには、いくつか種類があり味わいや風味に特徴があります。

高価で最高品質とされる香り豊かなエクストラバージンオイルは、オリーブ特有の風味が感じられるオイルですが、加熱すると風味が飛んでしまう特性があります。一方、ピュアオイルと言われる比較的安価なオリーブオイルは、特有の風味が除かれており青臭さが苦手な方におすすめのオイル。

アヒージョは多めのオイルをグツグツ煮込む料理なので、ピュアオイルをメインで使用し、仕上げの風味付けにエクストラバージンオイルを使うのがおすすめです。高価なオイルを効果的に活用でき、無駄なく気軽にアヒージョ作りが楽しめますよ。

具材の水気をしっかり切る

シンプルな調理法のアヒージョは、食材そのものの旨味が味のポイントとなります。旨味を凝縮させ、しっかりオイルに馴染ませるためには、食材の下処理が需要に。

魚介類や野菜は水気が多いため、水気をしっかり拭き取って使いましょう。水気が入ると味がぼやけたり、アヒージョの仕上がりが水っぽくなったりします。下ゆでや下味をつける場合も、オイルに入れる前にしっかり水気を拭き取るのがポイントです。

弱火でじっくり火を通す

アヒージョは、火加減が強すぎるとにんにくが焦げて苦味が出たり、オリーブオイルの風味が悪くなったりと残念な仕上がりになることも。弱火でじっくりと加熱して、オイルやにんにくをベストな状態に仕上げましょう。

強火で加熱し続けると固くなる食材も多いため、具材を入れてからも弱火でじっくり時間をかけて火を通すのが基本です。火の通りにくい食材から入れるなど、煮込む順番を工夫するのもよいでしょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ