ライター : shucyan

フードアナリスト / 江戸ソバリエ / ソルトマイスター

「日本ワインを愛する会」会員。フードライターとして新聞・雑誌・ムック本などの紙媒体を始め、これまで複数のグルメサイト、SNSで執筆・情報提供を行い、日本テレビ「ZIP」、テレビ朝…もっとみる

アヒージョオイルのパスタレシピ

Photo by shucyan

海老とマッシュルームのアヒージョ。残った具にベーコンとゆでたブロッコリー、ミニトマトを追加して、彩りも豊かな具たくさんのパスタに仕立てました。いろんな具材のハーモニーを楽しめます。

材料(1人分)

・アヒージョオイル……1人前 ・乾燥パスタ……100g ・シーフードミックス……50g ・ミニトマト……3、4個 ・マッシュルーム……1個 ・ブロッコリー……3、4房 ・ベーコン……30g ・塩コショウ……少々

作り方

1. パスタをゆでる

Photo by shucyan

パスタは、できるだけ大きな鍋を使ってたっぷりのお湯でゆでましょう。小さなお鍋だと、飛び出たパスタが焦げたり、中々お湯の中に浸からずにムラになりやすいものです。腰を強めるために入れる塩は、お湯1ℓに対して10gが目安です。

Photo by shucyan

たっぷりのお湯なら、パスタを対流に任せればOKです。吹きこぼれに注意しましょう。パスタでは、いわゆる「ビックリ水」(さし水)は不要です。後で炒めることを考慮して、袋に書かれているゆで時間より早めに引き上げましょう。

2. フライパンでアヒージョのオイルを加熱する

Photo by shucyan

アヒージョの残りオイルを加熱します。具はアヒージョに使った残りでも構いませんが、他の具材を加えたり、魚介系から肉系に変えたりすると食べ飽きません。トマトや青菜などのお野菜を加えると見た目のコントラストが際立ちます。

3. アヒージョで具を炒める

Photo by shucyan

さあ、お好みの具材や冷蔵庫のストックを加えて炒めましょう。大根の拍子切りや厚揚げなどを加えるのも妙ですよ。塩味なら鶏のササミ肉や牡蠣、カニカマなんぞもおすすめです。明太子や梅干しなんぞもいかがでしょうか?

4. パスタと具を混ぜる

Photo by shucyan

炒めた具にパスタを混ぜ合わせましょう。パスタのゆで汁を少し加えると絡みがよくなって、味もマイルドにまとまります。変幻自在。お好みでどんなアレンジも可能です。キリリと冷やした白ワインが恋しくなります。

特集

FEATURE CONTENTS