ライター : shucyan

フードアナリスト / 江戸ソバリエ / ソルトマイスター

「日本ワインを愛する会」会員。フードライターとして新聞・雑誌・ムック本などの紙媒体を始め、これまで複数のグルメサイト、SNSで執筆・情報提供を行い、日本テレビ「ZIP」、テレビ朝…もっとみる

絶対行きたいおすすめ蕎麦5選

1. ダイニングの醍醐味、雷庵(渋谷)

2016年3月の開店。キユーピー本社の建て替えに伴い、その1階に入店しました。和食を中心としたスタイリッシュな蕎麦ダイニングです。打ち場を備えた本格的な手打ち蕎麦と手の込んだ和食メニューを展開。ワインも各種揃えています。
いわゆる蕎麦屋さんのイメージとは全く違います。厨房を取り囲むカウンター席、テーブル席、ラウンジスペース、小パーティー向きの個室も完備。店内の奥には大きなワインセラーを備え、内外のワイン、地酒を数多くラインナップしています。

コースの前菜3種

Photo by shuchan

蕎麦の前にいただく前菜やお酒を「蕎麦前」と言います。平日のランチメニューは、蕎麦前・選べる蕎麦・ひと口最中がセットになった「シダー」とお刺身と中皿が加わった「オーク」があります。週末にはアラカルトとコースを用意。

豚せいろカレー風味 パクチー添え

Photo by shucyan

1,700円(税込)

Photo by shucyan

手打ちの蕎麦はキリリと角が立ち、腰や香りもしっかりとしたお見事な出来栄え。繋がりに破綻がなく、艶やかでたおやか。手打ち蕎麦の質・雰囲気・サービス・お酒の種類とどれを取っても満足度が高く、女性客が多いのも納得です。

ひと口最中(ランチセットに含む)

Photo by shucyan

その女性客のハートを釘付けにするのが、デザートサービス。ミニサイズではありますが最中が出されます。同じ和の食材ではありますが、蕎麦店で最中を出すのはレアです。蕎麦の香りや余韻を残しつつ、少しだけスイーツを。極上なセンスですね。
■店舗名:雷庵 (らいあん) ■最寄駅:渋谷駅宮益坂口 ■電話番号:03-5778-3379 ■営業時間:ランチ:11:30〜15:30(L.O. 14:30)       ディナー:17:30〜23:00(L.O.22:00) ■定休日:無休 ■禁煙・喫煙:完全禁煙(喫煙ブース完備) ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13193603/ ■公式HP:http://rising-tokyo.jp

2. 手打ちそば 菊谷 巣鴨本店

Photo by shucyan

店頭ののぼりに書かれているように、ミシュランガイド東京2016の「ビブグルマン」掲載店です。店主の菊谷氏は、サラリーマン時代に利き酒師の資格を取得し、その後に趣味が昂じて練馬区内に蕎麦店を開業。2011年に現在の店舗に移転されました、

並もり

Photo by shucyan

800円(税込)
蕎麦は特定の産地にこだわらず、その時々で最良のものを選び、素材の特徴が活かされるように製粉の仕方や打ち方を変えて出しています。毎日2、3種類の蕎麦を出して食べ比べができる「利き蕎麦」をメニューに載せています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS