せいろ

Photo by shucyan

650円(税込)
蕎麦は、石臼挽きの自家製粉。二八のほか、数量限定で十割、粗挽きと打ち分けています。江戸前の細切りで、挽き立て、打ち立て、茹で立てならでわの香りが際立っています。丼物とセットのランチメニューが人気ですが、地酒や酒肴の種類も多く、蕎麦前を楽しむにもおすすめのお店です。

鴨づくしなんばん

Photo by shucyan

1,500円(税込)
冬の最高のご馳走が「鴨南蛮」です。鴨肉は加熱し過ぎると固くなるので、赤みが残る程度にさっと火を入れます。都内でも屈指の鴨南蛮だと言えるでしょう。鴨肉はクセがなくやわらかです。冷たい蕎麦の「鴨せいろ」、そして鴨好きには何と鴨3倍の夢のようなこの「鴨づくしせいろ」があります。
■店舗名:ふるまい蕎麦 ふる井 ■最寄駅:西武池袋線桜台駅より徒歩12分、関東バス豊玉中二丁目バス停から徒歩2分      都営大江戸線(放射部)練馬駅A2口 徒歩13分 ■電話番号:03-3992-9480 ■営業時間:[月~金]11:30~15:00(L.O.14:30)17:30~21:00(L.O.20:30)       [土・日・祝]11:30~15:00(L.O.14:30)17:00~21:00(L.O.20:30) ■定休日:木曜(祝日の場合は翌日休み)、第三水曜日 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■参考HP:https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13026652/ ■公式Facebook:https://www.facebook.com/furumaisobafurui/?ref=py_c

13. 大人の隠れ家「千尋」(谷中)

Photo by shucyan

谷中銀座から脇道に入ってすぐの場所にありますが、気付く人は少ないようです。基本的に昼だけの営業で、しかも不定休。土日はお休みが多いようです。元は魚介料理のお店でしたが、2013年に手打ち蕎麦のお店としての営業を始めました。夜は予約があれば魚介料理を出すそうです。

Photo by shucyan

谷中銀座通りの喧騒を忘れるほどに、脇道に入ったこの店は静かです。基本的には昼間だけの営業ですが、地酒や酒肴の用意もあります。平日のお休みに昼酒を楽しむには最適な大人の隠れ家です。最近は日本酒ファンの女性が増えたので、人目を気にせずに飲めますよ。

穴子天ぷら

Photo by shucyan

1,780円(税込)
元は魚介料理のお店ということで、穴子の天ぷらを単品で。穴子の身はカットせずに1本揚げにして出すお店が多いのですがが、こちらでは食べやすくカットして盛られています。うれしいことに骨せんべい付きで、お酒のアテに最高です。

せいろ

Photo by shucyan

980円(税込)
蕎麦は二八のせいろと、信州産の丸抜き(外殻を外した蕎麦の実)を使って甘皮をたっぷりと挽き込んだ粗挽き(数量限定)の2種類を用意。写真はせいろです。手打ちのお店としては量がたっぷり。つゆは江戸前の辛口です。

Photo by shucyan

■店舗名:千尋 ■最寄駅:地下鉄千駄木駅から徒歩10分      JR日暮里駅から徒歩10分 ■電話番号:03-3823-5200 ■営業時間:11:30~16:00 ■定休日:不定休 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13076936/

14. クラシックが流れる清楚な「二村」(石神井公園)

Photo by shucyan

石神井公園駅周辺には個性的な手打ちのお蕎麦屋産が何軒もあり、蕎麦好きには楽しいエリアです。まるでお寿司屋さんのような清潔感あふれるエクステリアです。こちらのお店は2011年6月の開店。ランチタイムにはお得なセットメニューが用意されています。

Photo by shucyan

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS