せいろランチ

Photo by shucyan

950円(税込)
他店では見掛けない、蕎麦を盛る平面的な器が印象的です。山形の板そばとも新潟のへぎそばともスタイルが違うようです。せいろに玉子焼き、小鉢、かやくご飯がセットになっています。土日も提供しているので、これだけで蕎麦前としてお酒を楽しめますね。

花巻そば

花巻そばとは、かけそばにもみ海苔を散らした江戸時代から伝統のメニューです。海苔の別名は「磯の花」と呼ばれることから、そう呼ばれるようになりました。江戸時代は浅草は海苔の産地。江戸蕎麦に採れたての浅草海苔はさぞ、おいしかったことでしょうね。
■店舗名:手打ち蕎麦 二村 ■最寄駅:西武池袋線石神井公園駅から徒歩3分 ■電話番号:03-5923-0290 ■営業時間 ランチ:11:30~14:00 ディナー:17:30~20:30 ■定休日:火・第3水曜日 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132103/13130115/

15. 都心で落ち着ける「三平」(赤坂)

蕎麦屋さんではなく、蕎麦割烹のお店です。ランチタイムには、ご飯物を中心にお造りや小鉢などと共に蕎麦や讃岐うどんをセットにするスタイル。実に高級感あふれる落ち着いた雰囲気ですが、お値段も1,000円オーバーとそれなり。

Photo by shucyan

インテリアは、都会の喧騒を忘れさせてくれそうな正に割烹風です。サラリーマンのランチとといては、プチ贅沢か?まあ、たまには良いでしょう。商談を兼ねてのパワーランチにも使えます。鋭気を養いましょう。

天ぷら・ご飯セット 1,300円(税込)

Photo by shucyan

1,300円(税込)
ランチメニューですが、ご飯が付く分、お蕎麦は少なめ。しかも炭水化物ダブル。腹持ちは良いのですが、蕎麦好きには蕎麦の単品メニューの選択肢もあります。天ぷらが出てくると、どうしてもアルコールが恋しくなるジレンマもあります。

ニ色そば 910円(税込)

Photo by shucyan

こちらはランチのセットメニューではなく、通常メニューの2色そば。蕎麦はその時々でベストコンディションのものを選んで提供しており、この日は福井県の丸岡在来種。在来種とは品種改良を加えていない野生種に近い品種で、収穫量は少ないものの野趣があり、食味は良好です。

Photo by shucyan

■店舗名:三平 (さんぺい) ■最寄駅:地下鉄千代田線赤坂駅2番出口より徒歩1分 ■電話番号:050-5593-0936 ■営業時間 ランチ:月~金 11:30~14:00 ディナー:月~金 17:00~22:30(L.O.22:00) 土・祝 11:30~20:30 ■定休日:日曜日 .祝日 ■禁煙・喫煙:ランチタイムのみ一部禁煙席有り(34席) ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13000189/

ばかにできない絶品立ち食い蕎麦5選

16. 十割そばの「さ竹 新宿店」(西新宿)

Photo by shucyan

このお店は都内各地で都市型八百屋店「旬八」を展開している(株)アグリゲートの経営。立ち食いそばでありながら、高品質な石臼挽きの十割そばを提供しています。ただし、製法は職人による手打ちではなく、冷麺のような押し出し式の製麺マシンを使い、安定した品質を維持しています。

Photo by shucyan

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS