保存方法

つくね芋は新聞紙に包んで冷暗所で保存するのがおすすめです。一度カットしたものは切り口をラップで包んで冷蔵庫で保存しましょう。 つくね芋は冷凍保存も可能です。保存方法は皮をむいてカットし、ラップで包んで冷凍庫へ。この方法以外にもすりおろしてから保存袋に入れて冷凍することもできます。

つくね芋の食べ方

つくね芋は焼き料理、揚げ物、煮物などさまざまな料理に活用することができ、加熱することでホクホクの食感になります。 すりおろして食べるのもおすすめです。すりおろしたつくね芋を出汁でのばしてそのままとろろとして食べてもおいしいですが、料理に混ぜ合わせれば、ふわふわもちもち食感をプラスすることができます。

つくね芋のおすすめレシピ7選

1. つくね芋とたけのこの和風炒め

こちらはつくね芋とたけのこの炒め物のレシピです。味噌としょうゆベースのこってり風味であと引くおいしさ!ピリリと柚子こしょうがアクセントになってお酒のおつまみにもピッタリです。たけのこの水煮を使えば、お手軽に作ることができます。

2. つくね芋と牛肉のバターしょうゆ炒め

牛肉とつくね芋の炒め物はご飯のおかずにぴったり!こちらは風味豊かな、バターしょうゆ炒めのレシピです。つくね芋のホクホク食感がたまりません。バジルやローズマリーなど、お好みのハーブをトッピングしてイタリアンソテーにしてもおいしいですよ。

3. つくね芋の磯辺揚げ

ふんわりおいしいつくね芋の揚げ物レシピです。こちらはすりおろしたつくね芋にめんつゆを混ぜ合わせています。揚げる時にはスプーンですくって揚げ油に落とせばOK!形を作る手間もなく、手を汚さずに作れるのでお手軽です。お弁当のおかずにも◎

4. つくね芋とわかめの味噌汁

つくね芋はお吸い物の具材としても活用できます。こちらのレシピはつくね芋、わかめ、豆腐、三つ葉のお吸い物。ほかの食材を煮過ぎないように、つくね芋を先に入れるのがポイントです。やさしい味わいのお吸い物で、体も心もほっこり♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ