ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

だし風味。麦とろご飯(調理時間:15分)

Photo by Uli

麦ご飯にとろろをたっぷりかける、シンプルな麦とろご飯です。とろろにだし汁としょうゆ、味噌を混ぜて、コクを出すのがポイント。さまざまな肉料理や魚料理と合うので、普段の献立作りにお役立てください。

おいしく作るコツ・ポイント

使用する芋の種類

ととろは、山芋(いちょう芋、つくね芋、自然薯など)や、長芋で作ることができます。山芋で作るとろろは粘りがあって濃厚な味わいに、長芋で作るとろろはあっさり食べやすい仕上がりが特徴。

お好みの粘り気になるよう、だし汁の量を調整すれば、どちらで作ってもおいしいとろろになりますよ。

すり鉢がない場合

とろろをすり鉢とすりこぎでする理由は、粘りを強くし、なめらかな舌触りにするためです。すり鉢がない場合は、おろし金やおろし器ですりおろしてから、ボウルでよく混ぜましょう。

目の細かいおろし金で、力を入れずにすりおろせば、なめらかな食感になります。また、適当な大きさに切った山芋(長芋)を、ミキサーやフードプロセッサーにかけるだけでもOKです。

材料(2人分)

Photo by Uli

・麦ご飯……300~350g (米2合、押麦50g、水300ccで通常通り炊飯したもの)
・山芋(長芋)……150g
・だし汁……80~150cc(水150ccに顆粒だしの素小さじ1/2杯を混ぜたもの)
・しょうゆ……小さじ1杯
・味噌……小さじ1/2杯
・青のり……適量

※だし汁に量は、使用する山芋や長芋の粘度によって調整してください。

下ごしらえ

・山芋(長芋)の皮をむく

作り方

1. 山芋をすりおろす

Photo by Uli

山芋をすり鉢やおろし金でやさしくすりおろします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ