山の恵みたっぷり「自然薯」レシピ15選!とろろ&カットで2倍楽しむ♪

地中深くに根を張る自然薯(じねんじょ)はその生命力の強さで古くから薬にも用いられ、食べると滋養強壮にもよいといわれてきました。たいへん粘りが強いとろろや自然薯をそのまま使った調理法や料理など、おすすめの人気レシピ15選をご紹介します。

自然薯で作るおすすめのレシピ15選

長芋をはじめとする芋類すべてをヤマイモと呼ぶ人も多いですが、自然薯を含む山芋(ヤマノイモ)と長芋は別種です。山に自生する野生種である自然薯は粘りが非常に強いことが特徴で、古くから親しまれてきた山菜。

最近では畑で栽培して流通・販売されている自然薯も増えてきたようで、昔に比べると入手しやすくなっている野菜です。その自然薯のとろろレシピ10選とそのほかのレシピ5選をご紹介します。

すりおろし自然薯のとろろレシピ10選

1. 十六穀米で富士山とろろご飯

粘り気が強い自然薯はすりおろしたものにだしを加え、のばしてとろろにするのが一般的で、そのとろろ汁をご飯にかける食べ方が定番です。ご飯は白米よりも麦飯、五穀米や十六穀米がいいとされ、とろろも卵黄を入れたり味噌汁でのばすなど、お好みでいろんな味わいを楽しめますよ。

2. 湯豆腐の自然薯とろろがけ

時間をかけて温めた豆腐に白味噌風味のとろろ汁をかけた、ヘルシーで滋養満点の料理です。味噌汁でとろろをのばす静岡県のように味噌を使ってもおいしく、白味噌にすることでコクのあるマイルドな味わいになります。加えるだしはある程度冷めてから、しっかりとすり鉢でするのがポイントです。

3. 自然薯のふんわりねぎ焼き

お好み焼きの生地にとろろを加えると、ふんわりと仕上がることはどなたもご存知ですね。このレシピでは自然薯のとろろだけを生地にして、ふわふわのねぎ焼きを作っています。とろろだけでは硬くなりますので、白だしやたまごを加えてのばすことが大事で、しらすや干し海老を入れてもおいしいですね。

4. 自然薯とろろで作る磯辺揚げ

自然薯といえた磯辺揚げもポピュラーな調理法です。カットした自然薯を海苔で巻いて揚げてもほくほくしておいしいですが、非常に強い粘り気のあるとろろで落とし揚げにするのが一番!ふわふわ、もちもちした食感で味つけ海苔だけでも十分ですが、塩やポン酢でもおいしくいただけます。

5. 豆乳とろろでふわふわ牡蠣グラタン

小麦粉と牛乳で作るホワイトソースを、自然薯のとろろと豆乳で代用した和風グラタンのレシピです。代用といってもまったく違う風味と食感で、いつものグラタンとは別の料理といっても過言ではありません。ふわふわした食感と牡蠣のうま味がマッチしたアイデア料理がナイスですね♪

特集

SPECIAL CONTENTS