モカとは?カフェモカとの違いや歴史、おいしいモカコーヒーもご紹介!

みなさん「モカ」とは何かご存知ですか?カフェモカを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、実は全然別物なんです!この記事では、モカにまつわる由来や歴史、味わいやおすすめの飲み方などを徹底解説します。これを読んだらモカコーヒーを飲んでみたくなるはず♪

2019年8月30日 更新

モカとは

コーヒー豆のひとつである「モカコーヒー」。「モカ」とは、イエメン共和国で国内随一として栄えていた、港があった地名です。ここから多くのコーヒー豆が輸出されていました。15世紀、港を使っていた商人たちによってコーヒーが世界に広まったことから、イエメン産やエチオピア産のコーヒーは「モカ」と呼ばれるようになり、モカはコーヒー発祥の地といわれます。

当時コーヒーは大変繁栄し、「モッカ」と呼ばれていたんだそう。

モカの悲しい歴史

15世紀に世界へコーヒーを広めたモカは、16世紀にオスマン帝国に支配されます。オスマン帝国は、紅海を通行する船舶にモカでの納税を義務付けます。モカはコーヒー取引で大繁栄し17世紀には400人ほどのユダヤ人が、その貿易に関わったといわれるほど。

ただし、ここからモカは衰退へと道を進めます。18世紀ペストの大流行による人口の半減、他国からの介入や攻撃、エチオピアが輸出を低価格で始めたことによる輸出減。これらにより現在、モカはコーヒー豆を輸出する港ではなくなりました。

カフェモカとの違い

「モカ」と聞いて、カフェモカを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実はモカコーヒーとはまったくの別物なんです!モカコーヒーはモカというコーヒー豆から抽出されたコーヒーのこと。

カフェモカは、チョコレートソースやチョコレートシロップ、ホイップクリームをトッピングした、エスプレッソベースの飲み物です。

産地による「モカコーヒー」の違い

壁に貼られた世界地図

Photo by Snapmart

1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう