ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを一…もっとみる

コーヒー豆の「品種」と「銘柄」について

「品種」は大きく分けて2種類

コーヒー豆には、産地や精製、栽培方法によっていくつかの種類があります。しかし、大きく分けると「品種」はアラビカ種とカネフォラ種の2種類のみです。

アラビカ種とロブスタ種に分けられることが多いのですが、厳密にはカネフォラ種の品種のひとつがロブスタ種に分類されます。

各品種からさらに「銘柄」で分けられる

コーヒー豆は、アラビカ種とカネフォラ種から派生して、産地や品種によってさまざまな銘柄に分けられます。銘柄は、キリマンジャロやモカ、マンデリンなど産地や出荷地に基づいて名付けられているのです。

なお、本記事では銘柄のことをコーヒー豆の種類として、紹介していきます。

コーヒー豆の品種ごとの特徴

アラビカ種

アラビカ種は、繊細な味わいや香りが特徴で、本格的なコーヒーショップで扱っている豆はアラビカ種であることがほとんどです。

病気や害虫に弱く、標高が900m以上の高地での栽培が適しています。また、収穫量も少ないので、高品質なアラビカ種は高価です。

そのため、病気や害虫に強く、収穫量も多いアラビカ種を目指して品種改良や研究が積極的に進められています。

カネフォラ種

カネフォラ種は、苦味が強く、風味や香りはほとんど感じられないのが特徴です。缶コーヒーやインスタントコーヒーなどに加工して使われています。

病気や害虫に強く、低地でも栽培可能です。また、収穫量も多く、高品質なアラビカ種に比べて安価に取引されます。

単種ではなく、アラビカ種とブレンドして楽しむのがおすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ