スタバはグランデが一番お得⁉︎ 気になるドリンクのサイズを大解剖!

日本国内のみならず、海外でも人気のスタバ。飲みたいメニューは決められるのに、サイズが決められない。いざ注文!となるとサイズ選びで困ったことはありませんか?どんなサイズがあるのかを知って、お得なサイズの選び方や買い方を身に着けちゃいましょう。

スターバックスの意外な豆知識

1996年に銀座松屋通りに第一号店をオープンしてから20年、今やすっかり定番のスターバックス。大学生やOLまで多くの人々を惹き付けてやまない魅力がありますね。ドリップコーヒーやカフェラテなどの王道メニューから、コーヒーを飲まない人でも飲めるフラペチーノ系など、幅広いメニューが揃っていて、季節限定や期間限定のメニューもたくさんあります!

でも、いざ注文!ってときにサイズと値段とにらめっこ、なんて経験ありませんか?ショートにしようか、トールにしようか……飲みきれるかな、足りないかな、これは損をしてるんじゃ?なんて、いろいろ考えてしまいます。

スタバでは「グランデを買え」!?

では、どのサイズを買うのがよいのでしょうか。アイスだとたくさん飲みたいから大きめのサイズ、ホットだと少なくてもいいから小さめサイズ……。悩ましいですね。

そんな方のために、2007年に発売され話題になった『スタバではグランデを買え!』という本をご存じですか?経済学の観点から商品の価格設定に関する仕組みをわかりやすく説明した本です。この本のなかでは、スタバでは「グランデ」を買うべきだと論じられていたりします。それはいったいなぜなのでしょうか。

まずドリンクの各サイズを学びつつ、自分にあったサイズを探していきましょう。

どんなサイズがある?スタバのサイズ一覧

S、M、Lサイズ……。いえいえ、スターバックスのサイズ名はちょっと違います。独特の名前があるんです。

サイズは全部で4種類。小さい方から順番に、ショート(Short)、トール (Tall)、グランデ(Grande)、ベンティ(Venti)です。

ちょっと耳慣れない名前ですよね。最初のうちは、お店の人にカップを見せてもらって実際の大きさを見てから注文した人も多いのではないでしょうか。でも、覚えてしまえば「アイストールラテください」(アイスラテのトールサイズ)なんて、カッコイイ注文の仕方もできちゃいますよ!

では、各サイズの容量と値段、プチ情報をご紹介します。

ショート(Short)

・容量:ホット240ml アイス300ml
・ドリップコーヒーの値段 : 280円


自動販売機などで売られている缶コーヒーのショート缶が190ml、ロング缶が250mlなので、ロング缶ほどあると思うと意外と量が多いことが分かりますね。とある調査によると、日本で一番注文されているのはショートサイズという調査結果も出ているようです。ですが、アジア圏以外(特に北米)では容量が小さすぎるためか、通常メニューに載せられていないようです。

トール(Tall)

・容量:350ml
・ドリップコーヒーの値段:320円


一般的な缶ジュース、もしくはマグカップで飲む量と同じぐらいの容量です。仕事や勉強の合間に飲みたい時にお手頃なサイズです。

グランデ(Grande)

・容量:470ml
・ドリップコーヒーの値段:360円


500mlのペットボトルをイメージすると容量が分かりやすいでしょう。ショートサイズのほぼ2倍の容量です。

ショートやトールとは、エスプレッソの量が異なります。ショートやトールが1ショットのエスプレッソに対し、グランデは2ショット入ります。そのため、ミルクをたっぷり入れるスターバックスラテやカプチーノは、トールよりグランデの方がエスプレッソの味が薄まらずおすすめです。

ベンティ(Venti)

・容量:590ml
・ドリップコーヒーの値段: 400円

いちばん大きなサイズです。ボリューミーなサイズですので、時間をかけてゆっくりと飲みたい時によいでしょう。1人で飲みきれない場合は2人でシェアをしてみてください。1人295mlとアイスならショートサイズよりも多く飲めますし、お値段も割安になりますね。

なぜグランデがお得?

では、なぜグランデがお得と言われているのでしょうか。

簡単にいうと、お客さんとお店の両者が得をするサイズがグランデなのだそうです。

まずは、お客さん目線で見てみましょう。容量をみると、グランデはショートの約2倍の量が入っています。なのに、値段はショート2杯分の値段ではなく、ドリップコーヒーなら80円増しで飲むことができます。80円でショート1杯分がついてくると考えるとグランデはお得、というわけです。

一方、お店の方は、実のところコストはショートでもグランデでも大きな差がなく、ショートを注文するよりはグランデを注文してくれたほうがうれしい、ということのようです。

両者がWin-Winの関係になるサイズがグランデ、なんですね。

グランデは本当にお得?

でも、ちょっと待ってください。両者が特をするサイズがグランデということだそうですが、本当にグランデはお得なのでしょうか?『スタバではグランデを買え!』は読んでグランデがお得なのは理解したけど、いつもショートやトールを頼んでしまう、という人もいるのではないでしょうか。なぜでしょうか。

飲みきる前に冷める

グランデの容量は470mlと、かなりボリュームがあります。例えば、ホットコーヒーを想像してみてください。ペットボトルいっぱいにコーヒーが注がれているとして、冷めないうちに一気に飲めるでしょうか。これだけの量を飲みきる間には、暖かい飲み物は冷えてしまうでしょうし、氷が入ってる冷たい飲み物は氷が溶けて水っぽくなってしまうこともあるでしょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう