どうしてコーヒー豆を焙煎する?焙煎度合いの違いや焙煎方法まで

コーヒー豆といえば茶色く焙煎されているのが普通。でも、改めて考えるとなぜ焙煎するのでしょうか?コーヒー豆を焙煎することでどうなるのか、また8段階ある焙煎度合いの違いとは何か、さらに自宅での焙煎方法まで紹介します。

そもそもコーヒーの焙煎とは?

私たちがコーヒー豆を買う際、大抵は焙煎された状態になっていますよね。深煎り、浅煎りなど程度の違いはあれ、焙煎して飲むのがコーヒーです。

焙煎していない状態のコーヒー豆を「生豆(きまめ)」と呼びます。色は白っぽい緑色で、私たちが普段目にするコーヒー豆とは違った色味。浅煎りはこれに近い色のものもあります。生豆の状態でもコーヒーを淹れることはできます。ただ、コーヒーの味、香ばしさは全く感じられない飲み物になってしまうんです。

そういうわけで、この生豆を焙煎するのは、コーヒーの苦み、香ばしさ、コク、酸味、旨みなどを引き出すためです。焙煎してはじめておいしいコーヒーを淹れられるということですね。

プロの焙煎方法

コーヒー専門店でこだわりがあるお店では、生豆で仕入れて焙煎するところも多いですよね。コーヒー豆の焙煎機を使用すると好みの焙煎に仕上げることができます。

焙煎機はコーヒーのプロが使うような本格的なものから、誰でも自宅でできるような簡単で安いものも販売されています。高級なコーヒーメーカーには焙煎機能がついているものもありますね。

焙煎度合いによる種類の違い

コーヒーの焙煎は、浅煎りから深煎りまで全部で8段階に分かれます。浅煎りであればあるほど色が薄く生豆に近い色合いで、深煎りであればあるほど色は黒くなっていきます。浅煎りのコーヒーは酸味が強く、深煎りのコーヒーは苦みが強く出ます。

浅煎り

浅煎りに分類されるのは、ライトローストとシナモンローストです。ライトローストは薄く茶色になった状態で、まだ香りもコクも少ないです。シナモンローストはライトローストより少しだけ濃くなったかな、という程度。シナモン色をしています。

どちらもまだまだ生豆のような青臭さが残っており、コーヒーを淹れるのには適していません。この状態で飲まれることはほとんどありません。

中煎り

中煎りに分類されるのは、ミディアムロースト、ハイローストです。ミディアムローストは茶褐色で、酸味の強いコーヒーが抽出できます。アメリカン向きの軽いタイプです。

ハイローストはミディアムローストよりも色が深まり、いちばん一般的なロースト度。一般家庭や喫茶店でもっとも親しまれているのがハイローストです。まだ酸味はありますが、苦味と甘みも出るバランスがいいコーヒーを淹れることができます。

深煎り

深煎りに分類されるのは、シティロースト、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストの4段階です。

シティローストもハイローストと同じく一般的になじみがあるタイプ。広く飲まれているコーヒーです。酸味と苦味のバランスがよく、日本で好まれているタイプです。

フルシティローストはダークブラウンで、このあたりからコーヒー豆の油が表面ににじみ出し、黒光りするようになります。フルシティローストは酸味よりも苦みが勝り、アイスコーヒーやエスプレッソを淹れるのに向いています。

フレンチローストはかなり濃いこげ茶色。ヨーロピアンスタイルのコーヒーに向いており、カフェオレやウインナーコーヒー、エスプレッソなどを淹れるのに適しています。

イタリアンローストは真っ黒といっていいほど色が濃く、強い苦味が特徴です。エスプレッソやカプチーノなど、イタリアンスタイルのコーヒーを淹れるのに適しています。

自宅でもコーヒー焙煎ができる!

ここまでコーヒーのロースト度について紹介してきましたが、実は自宅でも簡単にコーヒー豆を焙煎することができます。特別な道具(焙煎機)がなくても、フライパンを使って焙煎する方法があります。

必要な道具と材料

・生豆
・フライパン
・フライパンの蓋
・木べら
・目の細かいザル

焙煎方法

まずは生豆を洗います。生豆をザルにあけて流水で洗い、ほこりなどの細かなゴミを取り除きます。

濡れたままの状態でいいので、生豆をフライパンに入れて中火で蒸し焼きにします。この状態ではまだまだ豆に水分がたっぷり含まれているので、蓋をして3分ほど水分を飛ばします。ときどき木べらを使って軽く混ぜましょう。

水分が飛んだら蓋を取り、木べらを使って根気よく煎る作業です。フライパンをゆすりながらムラなく炒りましょう。ここからは徐々に豆の色が変化していくのが分かると思います。中煎りくらいになるとパチパチ鳴り始めるので、好みのロースト度になったら火からおろしてザルにあけ、粗熱を取ります。

フライパンで焙煎するのである程度ムラがあるのは当然ですが、あまりにも色が薄い、または焦げすぎという豆もあります。そういう豆は目視でチェックし、取り除きましょう。

保存瓶、缶に豆を淹れて保存します。

注意するポイント

フライパンで焙煎するとムラができやすくなります。フライパンをゆすりながら木べらを動かす手を休めず作業するのがポイントです。一面だけが焦げ付くこともあるので、手が疲れても動かし続けてください。

煙が出ることもありますが、問題ありません。換気扇を回して作業しましょう。

家庭用の焙煎機を使う方法も

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう