ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

自家製「佃煮」で目指せ老舗の味!

Photo by uli04_29

しょうゆと砂糖やみりんで甘辛く煮た佃煮は、ご飯のお供として文句のないおいしさですよね。地方によってさまざまな食材で作られ、愛されている佃煮は家庭でも老舗のお店でも楽しむことができる和食に欠かせない料理。 だしがらや苦みのある食材も佃煮にすれば、とてもおいしく食べることができるのも佃煮の魅力です。今回は、柔らかくて深みのある昆布の佃煮の作り方と、いろいろな佃煮レシピ10選をご紹介します。 自家製佃煮を上手に作って、老舗の料亭気分を味わいましょう!

昆布の佃煮の基本レシピ

Photo by uli04_29

簡単にできる、お弁当や箸休めにぴったりの昆布の佃煮を作ってみましょう。お酢と煮込むことで柔らかく味のしっかり染みた佃煮に仕上がります。 使用する昆布はだしを取ったあとのものを使います。だし汁を取ったときに使った昆布は冷凍庫で保存して、ある程度多くなったらまとめて佃煮にするといいですよ。だしを取ったあとの昆布がなければ、昆布をしばらく水に浸けておきましょう。その際にできる昆布水で佃煮を煮込めばさらにコクがアップしますよ!

材料(2人分)

Photo by uli04_29

・だしがら昆布……50g ・しょうゆ……大さじ3 ・みりん……大さじ3 ・お酢……大さじ1 ・砂糖……小さじ2 ※分量外の水(200cc)も使います。

作り方

1. 昆布を2~3cm角に切りそろえます。

Photo by uli04_29

2. 鍋に昆布と昆布がしっかりかぶるくらいの水(約200cc)と調味料を全て入れます。

Photo by uli04_29

3. 弱火で20~30分ほどじっくり煮込みましょう。

Photo by uli04_29

4. 煮汁がほとんどなくなれば完成です! ※煮汁が少なくなってきたら、焦げ付かないようにこまめに鍋をチェックしましょう。

Photo by uli04_29

作るときのコツ

弱火でじっくり煮るのが柔らかい昆布の佃煮にするポイントです。お酢の力でちょうどいい歯ごたえの昆布に仕上がります。 細切り昆布の佃煮を作る場合は、水を少量(50~100ccほど)加えて煮てください。すぐに柔らかく味が染みるので時間が短縮できますよ。

昆布だけじゃない!いろいろな佃煮レシピ10選

1. ピーマンの佃煮

苦みをおさえたピーマンの佃煮は、野菜嫌いさんやお子さんにもおすすめのひと品。一度茹でこぼしているので、苦みが抜けてとても食べやすくなっていますよ。 みりんとしょうゆのベーシックな甘辛い味付けは、ピーマンが苦手な方でもぱくぱく食べられそう!小さめの角切りにされたピーマンは、まるでふりかけのように食べられるので、お子さんも喜んで食べてくれるかも♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS