ライター : ako0811

兵庫県西宮市在住の手作り大好き主婦です。特に野菜やお魚、フルーツなど健康的なレシピが好きです。また、外国文化にも興味があり、エスニックなもの、お酒にあうピリ辛なもの、世界を…もっとみる

ご飯のお供はリユースが今風♪

Photo by ako0811

うまみ成分たっぷりの昆布は、和食作りにはかかせない大定番のお出汁ですね。じっくり煮だした昆布で作る日本料理は食材のおいしさを引き立たせる名脇役……ですが、その出汁がらの昆布、実は主役級にリユース可能なんです。 特別な調味料は不要!いつもの材料でクツクツ煮るだけで甘辛い佃煮の完成です。自家製なら自分好みの味付けにもでき、自慢のひと品に。ホカホカご飯にのっけて、最高ですね♪一度で二度おいしい昆布なら、和食を丁寧に作ってみようかな、そんな気持ちにもなっちゃいますよ。

昆布の佃煮の基本レシピ

Photo by ako0811

材料(作りやすい分量)

出汁をとった昆布はまだ旨みや栄養がしっかり残っています。出汁を取るたびに捨てていては経済的ではありませんね。使うたびに冷凍保存して、ある程度たまればまとめて佃煮に♪ 細切りにした昆布は柔らかく、甘辛いお味がしっかり染み込み食べやすくなっています。ご飯のお供にぜひお試しください。

Photo by ako0811

昆布(だしを取った後のもの) 100g 水 1/2カップ 酒 50㏄ しょうゆ 100㏄ みりん 25㏄ 酢(穀物酢) 大さじ1 砂糖 大さじ2強 白ごま お好みで 大葉 お好みで ※昆布150gくらいまでなら同じ分量の調味料で作れます。その場合、水を20cc程度増やして煮る時間を少し長くしてください。

作り方

1. 昆布を細切りにします。

Photo by ako0811

出汁がらの昆布を3mm~5mm幅に千切りにします。できるだけ同じサイズにカットするほうが出来上がりの見栄えがよく、食べやすいでしょう。昆布特有のぬめりで細切りがしにくい場合は、調理ばさみを使うのもおすすめです。今回は、味が染み込みやすい細切りにしましたが、お好みで正方形にカットしても良いですよ。
2. 鍋に調味料をすべて入れます。

Photo by ako0811

小なべに調味料すべてを入れます。大きいお鍋を使うと、水分がすぐに蒸発してしまいじっくり煮詰めることができません。サイズ感のあった鍋を使ったほうがよいでしょう。

Photo by ako0811

調味料に軽く火を通したら、昆布をすべて加えます。とろ火でじっくりゆっくり煮つめます。(20分程度)
3. アクを取ります。

Photo by ako0811

5分もすればアクが出てきます。雑味なく透き通った煮汁になるよう、丁寧にすくって取り除きましょう。
4. 弱火でじっくり煮ます。

Photo by ako0811

20分程度弱火で煮つめた様子です。煮汁が1/3程度になりました。ここからは焦げやすいので鍋肌で水分量をみておきましょう。
5. 水分を飛ばすように炒ります。

Photo by ako0811

焦げやすいので菜箸で炒りながら煮つめます。煮汁が鍋底にうっすら残るくらいまで煮詰まれば完成です。まだ昆布が固いようであれば、少量の水を足し煮る時間を延長しましょう。
6. 完成です♪

Photo by ako0811

柔らかく、しっかり味の昆布の佃煮が完成しました。ほかほかご飯にのせたら、止まりません!お好みで白ごまをふりかけると綺麗ですよ。また大葉や梅干しをそえると風味がよくおすすめです。

作るときのコツ

1. 丁寧にアクを取ることで煮汁ににごりがなくなり、きれいな仕上がりになります。 2. 水分をじっくり飛ばしきることで水っぽさがなくなり味が引き締まります。 3. 水あめやはちみつを少量加えると、コクのある甘味となりより艶っぽい仕上がりになります。 4. 同じく出汁がらの鰹節、また干ししいたけなどを煮汁含め一緒に佃煮にしてもおいしいですよ。梅干しや山椒、くるみなどを加えても風味アップにつながります。 5. 時間がない!という方は、電子レンジ調理もおすすめです。ラップをせずに水分を飛ばすようにレンジ加熱します。糖分が多めで焦げやすいので数回に分けて様子を見ながら加熱してみてくださいね。

昆布の佃煮のアレンジレシピ3選

1. ハムと昆布の佃煮のおにぎらず

一度に数種類の具材を入れることができ、またカットした断面がお楽しみのひとつの「おにぎらず」、昆布の佃煮ならご飯との相性もよく失敗知らずですね。時短レシピでもあるので忙しい朝食に、パッとすませたいランチに特におすすめですよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS