【基本】水菜を使った味噌汁レシピ。おすすめの具材も必見◎

水菜はサラダにしてそのまま食べても、炒めても煮込んでも使える身近な食材。もちろん味噌汁にも合います。今回は水菜とほかの具材の組み合わせをまとめました。水菜との相性の良い具材はたくさんあので、お好みの組み合わせを見つけてみてください♪

2017年12月27日 更新

【基本】水菜を使った味噌汁のレシピ

材料(4人分)

水菜……1/4束
じゃがいも……1個
油揚げ……1/2枚
水……600cc
ほんだし……小さじ山盛り1杯
味噌……大さじ3杯

作り方

1. じゃがいもは約1cmのスティック状に切り、水菜は食感を残すため5cm程度の大きさに。油揚げは短冊切りにします。

2. 鍋にじゃがいもと水を入れ、煮立ったたらほんだしの半分の量を加えます。やわらかくなるまで煮たら、油揚げを入れます。

3. 弱火にしたら味噌を溶き入れ、水菜を加えます。最後に残っていたほんだしを加え、沸騰する手前で火を止めれば水菜の味噌汁の完成です。

水菜の味噌汁に合う具材10選

1. 木綿豆腐

味噌汁の定番食材である豆腐。もちろん、水菜と組み合わせてもおいしく仕上がります。木綿豆腐は崩れにくく、食感を残しやすいのが特徴です。水菜のシャキシャキ食感との相性もよいですね。ごま油で炒めてから味噌汁に入れるのもおすすめ◎

2. 玉ねぎ

加熱することで甘みが増す玉ねぎは味噌汁にぴったりです。しっかり煮込んでとろっとした食感と甘みを楽しむのもよし、水菜と一緒にシャキシャキ感を楽しむのもよし。玉ねぎに合うじゃがいもやわかめを一緒に使うのも◎

3. わかめ

こちらも定番中の定番。煮立ったお湯にわかめを入れて味噌を溶かし、水菜を加えるだけでおいしい味噌汁になります。わかめのつるっとした食感に対して、水菜はシャキシャキとした食感。彩りをプラスするために、食感もしっかりあるにんじんを加えるのもいいですね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

KIBO LABO キボー ラボ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう