水菜が足りなくなる鍋レシピ12選。シャキシャキ歯応えがたまらない!

今回は、水菜をおいしくいただける鍋レシピをご紹介します。これから旬を迎える水菜。シャキシャキした食感がおいしいですよね。淡白な味わいだからこそどんな食材でもどんなスープにでも合うんです。そんな水菜を存分に味わえるのが鍋!

水菜の鍋といえば!はりはり鍋の基本レシピ

白い土鍋の中のはりはり鍋

Photo by macaroni

はりはり鍋は、捕鯨が盛んだった近畿地方で古くからある料理です。もともとは、鯨肉と水菜だけをお出汁で煮て食べる鍋料理でした。当時は庶民の食べ物であった鯨肉と、同じ地方の冬の特産物である水菜と組み合わせたのがこのはりはり鍋です。

「はりはり」とは、水菜の繊維質によるシャキシャキとした食感から来た表現と言われています。ではさっそく作り方をご紹介します!

材料(2〜3人分)

・豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)……200g
・水菜……2株
・長ねぎ……1本
・しめじ……1パック(100g)
・油揚げ……1枚
・だし汁……600cc(だしの素:大さじ1杯、水:600cc)
☆酒……大さじ2杯
☆みりん……大さじ2杯
☆塩……小さじ1/3杯
☆しょうゆ……大さじ2杯

下ごしらえ

油揚げはさっと熱湯にくぐらせて油抜きをし、水気を拭き取って5mm幅に切ります。

作り方

1. 水菜は根元を落とし、6cm幅に切ります。長ねぎは1cm幅の斜め切りにします。しめじは石づきを落として手でほぐします。

2. 鍋にだし汁、☆の調味料を加えてひと煮立ちさせます。豚ロース肉、しめじ、油揚げ、長ねぎを加え、フタをして中火で3〜4分煮ます。

3. 肉の色が変わるまで火を通し、水菜を加えてサッと煮て完成です。器に取り分けて召し上がれ!

ポイント

「はりはり鍋」は、本来水菜とくじら肉を使って作りますが、豚肉でもおいしく作れます。水菜はシャキっとした食感を残すため、最後に入れてさっと煮るのがポイントです。豚肉から旨味が出るので、締めにはごはんやうどんを入れて卵で閉じるのがおすすめです。

【醤油】水菜の鍋レシピ6選

1. ブリのはりはり鍋

ブリ、水菜、油揚げを使ったはりはり鍋です。脂がのったブリのこってりとした風味に、サッと煮たシャキシャキの水菜は、相性バツグン♪ スープをたっぷりと吸った油揚げは、口の中で噛みしめるたびにジュワッとうまみが広がります。お好みで一味唐辛子をかけ、ゆず皮を加えてくださいね。

2. 水菜の海鮮鍋

イカ、ホタテなど魚介類のうまみがぎゅっと詰まった海鮮鍋です。魚介と野菜やキノコから出るだしは、うまみがたっぷり♪和風だしの香ばしい香りが食欲をそそります。お好みでゆず胡椒や一味を加えて召し上がれ♪

3. 豚しゃぶ水菜鍋

特集

SPECIAL CONTENTS