3.生地は必要以上に触らない

弱火でホットケーキを焼いている間は、なるべく触らないようにしましょう。触るのはフライ返しで裏返すときと、焼き色を確認するときだけ。裏返したときにフライ返しで生地を上から押さえるのも厳禁です!押さえなくても自然と全面に焼き色がつくので安心してくださいね。

4.濡れ布巾で温度調節

繰り返して何枚もホットケーキを焼く場合は、必ず濡れ布巾でフライパンの温度を下げてから弱火で生地を焼きましょう。焼き続けていると、フライパンの温度がだんだん熱くなって、ホットケーキが焦げたり、生焼けの原因となります。 濡れ布巾の水分はフライパンの熱ですぐに蒸発してしまうので、使う度に水で濡らしましょう。

ホットケーキのアレンジレシピ3選

1. ココナッツヨーグルトソースのツリー

ホットケーキミックスに水切りしたヨーグルトを加えて、ふわふわの生地に仕上げたレシピです。ソースには、ココナッツミルクとヨーグルトを使っているので、濃厚なのに重くないココナッツソースになりますよ。 お好みのフルーツをたっぷりトッピングしてツリーの形に整えれば、クリスマスや記念日などに盛り上がること間違いなしのホットケーキに♪ ヨーグルトの水切りは前日にしておきましょう。

2. 抹茶もちもちホットケーキ

和風スイーツがお好きな方には、抹茶パウダーを混ぜ込んだ抹茶のホットケーキがおすすめ。抹茶パウダーの量によって、お好みの濃さに調節できますよ。あんこやホイップクリーム、きな粉などをトッピングすればお店のようなスイーツになります。抹茶と相性のいいイチゴやバナナを添えてもいいですね。

3. サラダパンケーキ

スイーツ以外のホットケーキを食べたいときは、にんじん入りのホットケーキに野菜をたっぷりそえたお食事系に挑戦してみてはいかがでしょう。にんじんを混ぜ込んだ生地は、ほんのりオレンジ色でかわいらしく、優しいにんじんの甘みが口にふわっと広がります。 野菜が好きでないお子さんも喜んで食べてくれそう。ソーセージやベーコン、目玉焼きをのせてボリューミーなお食事系にすればワンプレートの朝食や昼食になりますよ。

ふんわりホットケーキを堪能して♪

Photo by uli04_29

ホットケーキを焼くと、お家の中がホットケーキの甘い香りで満たされて幸せな気分になりますよね。子供から大人までおいしく食べられるホットケーキは、お家で手軽に作ることのできる幸せスイーツ。 今回ご紹介したコツをおさえて焼けば、きっとふかふかなホットケーキのおいしさに驚くはず!シンプルにバターだけで食べても、チョコレートやホイップクリームと一緒に食べても絶品ですよ。お好みのトッピングを用意して、ぜひ作ってみてください。
▼ホットケーキミックスの活用レシピはこちら♪

編集部のおすすめ