簡単でヘルシー!「水切りヨーグルト」の作り方&おすすめアレンジ

ヨーグルトをじっくりとひと晩水切りするだけでできる「水切りヨーグルト」。水分が抜けたヨーグルトは、まるでチーズデザートのような濃厚な味わいになり、スイーツや料理などに幅広く活用できます。この記事では、水切りヨーグルトの基本の作り方と活用法をご紹介します!

2020年3月31日 更新

ライター : tetoteto

甘いものと日本酒が大好きです。 よろしくお願いします。

水切りヨーグルトとは

水切りヨーグルトとは、プレーンヨーグルトの水分を抜いてクリームのようにしたヨーグルトのこと。通常のヨーグルトよりも風味が強くなるので、サラダやスイーツ作りに使用するのがおすすめです!

ダイエットにも活用できる!

一般的に販売されている無糖タイプのプレーンヨーグルトを水切りしたあとのカロリーは100gあたり100kcalほど。クリームチーズは100gで約350kcalなので、同じ食感を求めて食べるならかなりのカロリーオフとなります。(※1,2)

たっぷりの野菜やフルーツと一緒に摂取して、普段使うドレッシングやチーズの変わりに水切りヨーグルトを使うことで、カロリーを大幅に減らせますね。

まるでチーズ!「水切りヨーグルト」の作り方(調理時間:3分)

Photo by muccinpurin

ヨーグルトをざるにあけて、あとはとにかく待つだけ! たったこれだけで、まるでフレッシュチーズを使ったスイーツのような、ぽってりと濃厚な水切りヨーグルトができあがりますよ。いろいろなアレンジができるので、ぜひマスターしてみてください♪

材料(2~3人分)

Photo by muccinpurin

・プレーンヨーグルト(無糖)……400~450g

※市販のヨーグルトは1パック400~450gで売られています。手に入る量のものを使用してください。

作り方

1. ヨーグルトをざるにあける

Photo by muccinpurin

ボウルの上にざるをセットし、キッチンペーパーを敷き込みます。厚手なら1枚、薄手なら2枚ほど重ねると破れる心配がありません。

Photo by muccinpurin

キッチンペーパーを敷いたざるに、ヨーグルトをすべてあけます。

2. ラップをかけて冷蔵庫でひと晩水切りする

Photo by muccinpurin

乾かないようにラップをかけ、冷蔵庫に入れてひと晩水を切ります。

水分が出るのでかならず下にボウルや受け皿をセットしてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS