ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

まずは定番!ささみとシソのチーズ巻きフライ

ささみを薄く伸ばし、チーズとシソを一緒にくるくると巻いて揚げたロールフライ。ロールフライは鶏肉料理ではときどき見かけますよね。中の具材によって味や切り口の見た目のバリエーションが増やせるのでとても便利なレシピです。こちらのレシピでは、ささみの淡泊な味を補ってくれるチーズをたっぷりと使い、シソの緑がなるとの模様のようで、かわいらしいですね。衣をつける前に、ラップでしっかりと巻き寝かせると、あとの作業が楽になりますよ!

チーズとろとろ♪ ささみ×シソの人気レシピ5選

1. ささみとチーズの春巻き

ささみとスライスチーズを春巻きの皮で巻いた揚げ物です。サクサクとした皮をかじると溢れ出る、とろとろのチーズ。食感を楽めるレシピです。味わいでは、シソの清涼感がほどよいアクセント。揚げ物にもかかわらずパクパクと食べられます。

2. ささみとしらすのチーズ焼き

ひと口大に切ったささみの上に、ホワイトソースとコーン、しらす、チーズをのせて、オーブントースターで焼くだけの簡単レシピです。とろりとした濃厚なホワイトソースにしらすとチーズの風味がマッチ。焼きあがったら、シソを添えて一緒に食べるとさわやかさがプラスされます。

3. ささみのチーズ焼きシソと明太子のせ!

ささみは叩くとすぐに薄くのびてくれます。そこに崩した明太子とシソやチーズをトッピングすると、見た目は笹かまぼこのような面白い「おやき」が完成します。のせて焼くだけ!のシンプルレシピながら、醤油をひと垂らしして食べると、明太子とチーズのハーモニーを味わえます。お酒のお供としてオススメ。また、ヘルシーなささみのレシピなので、罪悪感なく食べられますね。

4. ささみのとろーりチーズと梅シソのせ

ふっくら焼いたささみの上に、とろとろチーズと梅だれをのせます。最後に細切りにしたシソを薬味のようにオン。ジューシーなささみにチーズが絡み、濃厚な味わいになります。そこにさわやかな生のシソが重なり、相性も抜群。梅の酸味もほどよいアクセントです。

5. ジューシーなささみの梅シソチーズ巻き焼き

ささみの揚げないチーズシソ巻きです。ささみをよくのばしてから、具材を巻いていきます。シソの緑とチーズの白、梅の赤が華やか。お弁当にも入れるとよいでしょう。揚げないレシピなので、ヘルシー。ダイエット中の人もおいしく味わうことができますよ。

特集

FEATURE CONTENTS