万能調味ソース!「大葉ジェノベーゼ」はこれひとつで味がキマる♪

夏の定番薬味といえば、"大葉"ですよね。スーパーで安く手に入るこの時期に、ぜひ作りたいのが「大葉ジェノベーゼ」です。お刺身やそうめんに添えるだけではもったいない!アレンジ力抜群の大葉ジェノベーゼで、大葉の新しい魅力を発見してください!

旬の大葉、どう使う?

夏の薬味の定番といえば、"大葉"。特にこの時期は、スーパーで安く手に入ります。

今回は、フレッシュな大葉が手に入るこの時期に作りたい「大葉ジェノベーゼ」のレシピをご紹介します。作り置きすれば、様々な料理にアレンジできてとっても便利ですよ♪

「大葉ジェノベーゼ」の作り方

フードプロセッサーにかければ、数秒でできあがる「大葉ジェノベーゼ」。さっそくつくっていきましょう!
「大葉ジェノベーゼ」の作り方

Photo by muccinpurin

材料

・大葉……40枚
・オリーブオイル……100cc
・パルミジャーノレッジャーノ……大さじ2杯
・にんにく……1かけ
・塩……小さじ1/2
・くるみ……20g

作り方

1. 材料をフードプロセッサーにかけます

1. 材料をフードプロセッサーにかけます

Photo by muccinpurin

塩とオリーブオイル以外の材料をフードプロセッサーにかけます。
1. 材料をフードプロセッサーにかけます

Photo by muccinpurin

ほんの数秒かけるだけでこのように細かくなります。

2. オリーブオイルと塩を加えます

2. オリーブオイルと塩を加えます

Photo by muccinpurin

オリーブオイルと塩を加えてさらにフードプロセッサーにかけます。パルミジャーノは塩加減がそれぞれ違うので、味見をして塩加減を調整してください。

できあがりです!

できあがりです!

Photo by muccinpurin

滑らかさは好みで調整してくださいね。

おいしく作るポイントは?

あまり長い時間フードプロセッサーにかけていると、モーターの熱で仕上がりの色が悪くなってしまうので注意しましょう。

コクが欲しければ、くるみの量を増やしてください。さっぱりとしたものが好みなら、大葉の量を増やしてくださいね。にんにくの量もお好みでどうぞ。

フレッシュさが魅力の大葉ジェノベーゼは冷蔵庫で保存し、風味があるうちになるべく早く使い切るようにしましょう。

「大葉ジェノベーゼ」の簡単活用レシピ

1. ほくほくじゃがいもにプラス!「大葉ジェノベーゼポテト」

1. ほくほくじゃがいもにプラス!「大葉ジェノベーゼポテト」

Photo by muccinpurin

ふかしたてのじゃがいもに大葉ジェノベーゼをかければ、ワインにぴったりなおつまみが完成!好みでホワイトペッパーを挽けば、ぴりっとアクセントになります。

全体をざっくりと混ぜてマヨネーズを少し加えると、大葉の香り豊かなポテトサラダにも変身!

2. パンにディップして「簡単和風カナッペ」

2. パンにディップして「簡単和風カナッペ」

Photo by muccinpurin

軽くトーストしたバゲットに塗って、好みでチーズやトマトをのせれば、カナッペの完成!

バジルと見せかけて大葉ジェノベーゼ!という新鮮さが、きっとパーティでもウケるはず!新しいおいしさをみんなでシェアしましょう♪

夏は大葉ジェノベーゼでアレンジ上手♪

夏は大葉ジェノベーゼでアレンジ上手♪

Photo by muccinpurin

"かけるだけ"、"のせるだけ"でどんな料理も和風に変身する万能大葉ジェノベーゼ。フードプロセッサーさえあれば、ほんの数秒でできてしまう手軽さも魅力です。

そうめんや冷奴、ご飯にかけてもおいしいので、この夏はぜひ大葉ジェノベーゼを試してみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS