ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

ジェノベーゼとは

ジェノベーゼはイタリア・リグリア地方発祥の伝統的なソース。ピザやパスタなどイタリア料理に使われることが多いです。鮮やかなグリーンに彩るバジルや、豊かな風味とコクを生みだすパルミジャーノ・レッジャーノ、ペコリーノ・ロマーノといったチーズが使われています。

ジェノベーゼの起源は1800年代です。当時ニンニクをたっぷり使用したソースがあり、その派生としてジェノベーゼが生まれたといわれています。船員が海で仕事をしているときもきちんと栄養を摂取できるよう、ニンニクが使われるソースが愛されていました。

日本に伝わったのは緑色のソース

ジェノベーゼといえば鮮やかなグリーンカラーの印象が強いですが、本場イタリアではグリーンではなく茶色いソースを「ジェノベーゼ」と表現します。

日本で主流となったグリーンのジェノベーゼは「ペスト・ジェノベーゼ」と呼ばれ、バジルをメイン材料として作られるのが特徴。一方イタリアでのジェノベーゼは玉ねぎやにんじん、セロリなどの野菜を使うものの、バジルを使用せず牛肉により茶色く仕上がります。

ジェノベーゼが合う料理

新鮮なバジルとコク深いチーズに、ナッツや松の実などを加えて作れられるジェノベーゼは、奥深い濃厚さとクリーミーな味わいが魅力です。濃厚な味わいのなかにバジルのフレッシュな風味が引き立ち、パスタやピザなどのイタリア料理との相性抜群。

オリーブオイルが使われソース状になっているので、バゲットソースとして使ったり、白身魚のムニエルとあわせたりするなど、さまざまな食材にあわせることができます。

ジェノベーゼを使ったおすすめレシピ3選

1. 緑が食欲をそそる♪ 手作りジェノベーゼのパスタ

手作りジェノベーゼを使用するパスタは、フレッシュな味わいと香りを楽しめます。ジェノベーゼを作るのはむずかしいイメージがありますが、バジルやオリーブオイルなどの材料をミキサーに入れるだけでOK!いつも通りパスタをゆで、ジェノベーゼと絡ませるだけであっという間に本格ジェノベーゼパスタが完成しますよ。

2. 生ハムの塩気が絶妙。ジェノベーゼのイタリアンおにぎり

イタリア料理のお供として定番の生ハム&ジェノベーゼと、日本でなじみ深いおにぎりのコラボレーション料理です。ジェノベーゼの味わいを生ハムの塩気がサポートし、一体感を生みだします。最後にパルミジャーノをふりかけると、さらにおしゃれな雰囲気になりますよ。黒コショウをプラスして、ちょっとスパイシーに仕上げるのもおすすめです。おうちパーティ用のとっておき料理としてふるまってみませんか?

3. 手軽に作れる!ジェノベーゼソースのリガトーニ

もっちり食感が特徴的なパスタの一種である「リガトーニ」を使う料理です。リガトーニの表面には細いラインが入っているので、ジェノべーゼがよく絡むのがうれしいポイント。小麦の味わいもダイレクトに感じられ、ジェノベーゼと相性抜群です。市販のジェノベーゼを使えば、リガトーニにあえるだけでサッと時短ランチが完成しますよ。
macaroniではジェノベーゼの作り方も紹介してます。以下の記事もあわせてご覧ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ