ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

ジェノベーゼとは?どこの料理?

ジェノベーゼはイタリア・リグリア地方発祥の伝統的なソース。ピザやパスタなどイタリア料理に使われることが多いです。鮮やかなグリーンに彩るバジルや、豊かな風味とコクを生みだすパルミジャーノ・レッジャーノ、ペコリーノ・ロマーノといったチーズが使われています。

ジェノベーゼの意味や由来は?

ジェノベーゼの起源は1800年代です。当時ニンニクをたっぷり使用したソースがあり、その派生としてジェノベーゼが生まれたといわれています。船員が海で仕事をしているときもきちんと栄養を摂取できるよう、ニンニクが使われるソースが愛されていました。

日本に伝わったのは緑色のソース

ジェノベーゼといえば鮮やかなグリーンカラーの印象が強いですが、本場イタリアではグリーンではなく茶色いソースを「ジェノベーゼ」と表現します。

日本で主流となったグリーンのジェノベーゼは「ペスト・ジェノベーゼ」と呼ばれ、バジルをメイン材料として作られるのが特徴。一方イタリアでのジェノベーゼは玉ねぎやにんじん、セロリなどの野菜を使うものの、バジルを使用せず牛肉により茶色く仕上がります。

ジェノベーゼソースとバジルソース・バジル・バジリコの違い

バジル、バジリコ自体は同じもの。言語によって呼び方が異なります。バジル自体、英語では「Basil(バジル)」、イタリア語では「Bacillico(バジリコ)」と書きます。

また、ジェノベーゼは本場イタリア発祥。イタリアではペスト・アッラ・ジェノヴェーゼと呼びます。バジルソースは日本でなじみ深い呼び方になります。

本場の味をおうちで!本格ジェノベーゼソースレシピ

Photo by Ryogo

おいしいバジルソースを作るには3つのコツがあります。

コツ1:バジルは葉だけを使う
コツ2:こだわりのオイルでワンランク上の味にする
コツ3:にんにくを加える前にひと工夫


にんにくはほかの材料と合わせる前に加熱処理をしておきましょう。電子レンジを使うと手軽に加熱できておすすめ。生のままだと辛みの強いソースになってしまいます。事前の加熱処理がおいしく仕上げるポイントになりますよ。

あとは具材をブレンダーでなめらかになるまで混ぜ合わせるだけ!少しの工夫がソースの仕上がりを左右します。

詳しくはこちら▼

ジェノベーゼが合う料理

新鮮なバジルとコク深いチーズに、ナッツや松の実などを加えて作れられるジェノベーゼは、奥深い濃厚さとクリーミーな味わいが魅力です。濃厚な味わいのなかにバジルのフレッシュな風味が引き立ち、パスタやピザなどのイタリア料理との相性抜群。

オリーブオイルが使われソース状になっているので、バゲットソースとして使ったり、白身魚のムニエルとあわせたりするなど、さまざまな食材にあわせることができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ