ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

旬の短い赤しそを有効利用する人気レシピ12選

さわやかな香りが特徴のしそは、大別すると「青しそ」と「赤しそ」に分けられます。「大葉」と呼ばれ、料理によく使われるものが青しそで、葉が赤紫色のものが赤しそ。赤しそには、梅干しと一緒に漬けられる「ちりめんしそ」や縮れていない「あかしそ」があります。

赤しその旬は初夏で、梅干しを漬ける時期しか需要がないため、例年6月~7月中旬頃までしか出回りません。しかし梅干し以外にも、ジュースやふりかけなどに活用できます。そこで、赤しその出回る時期にぜひ作りたい、おすすめのレシピをご紹介します。

赤しそで作る色鮮やかなジュースレシピ3選

1. りんご酢で作る。赤しそのジュース

Photo by macaroni

りんご酢を使う、赤しそシロップのレシピです。りんご酢はほかの酢とくらべると酸味がマイルド。また、赤しその香りを少し抑えることができるので、初めての赤しそジュースにおすすめです。水や炭酸水で割るのはもちろん、牛乳やヨーグルトで割ったり、かき氷のシロップにしたりしてもおいしいですよ。

2. あと味がさわやか!レモン果汁の赤しそジュース

酢の代わりに、レモン果汁で作る赤しそシロップのジュースです。レモン果汁を使うと、酸味がまろやかであと味がすっきり。レモン果汁や砂糖の量は、お好みで加減するとよいですよ。酢で作る場合でも、レモン果汁を少し加えると風味がよくなります。清潔な容器に入れ、冷蔵庫で保存してくださいね。

3. 赤しその風味を堪能。クエン酸の赤しそジュース

クエン酸で作る、赤しそジュースのレシピです。赤しその風味をストレートに味わうには、クエン酸を使うのがおすすめ。比較的安価に作れるのも魅力です。3倍ほどに希釈していただきましょう。きれいな赤紫色を生かしたゼリーを作って、デザートにするのもおすすめです。

ジュースで残った赤しそのふりかけ&佃煮レシピ5選

4. シンプルなおいしさ。赤しそのふりかけ

しそジュースで残った赤しそは、捨ててしまってはもったいないですよ。ひと工夫すれば、おいしいふりかけが作れます。赤しそは塩と酢で揉みこんで、ひと晩冷蔵庫で寝かせるのがポイント。天日干しまたはオーブンでしっかりと乾燥させてくださいね。仕上げに混ぜる塩は、お好みでOK。

5. そのまま食べてもOK!赤しそとしらすのふりかけ

赤しそとしらすのふりかけです。フライパンで材料を炒めて作る、簡単レシピ。赤しそは、炒める前に細く切っておくと食べやすいですよ。味付けが濃すぎないので、おにぎりにするほか、おつまみや箸休めにそのまま食べるのもOK。作り置きしておくと、とても便利です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ