ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

「大葉」と「シソ」は同じもの?

結論から言ってしまうと、実は大葉とシソは同じものを指す言葉です。大葉もシソも同じ葉の呼び名ですが、その葉を野菜として捉えているのか、植物として捉えているのかによって呼び名が変わります。

大葉とは

「大葉」とは、青ジソを葉の形状のまま、香味野菜として使用する場合のみに使われる呼称です。食用の香味野菜として販売されるときは「大葉」と呼ばれるのであって、植物として青じその葉を指すときには「大葉」と呼びません。

また、青ジソのように葉が緑色のシソには、縮れのあるチリメンアオジソや、葉の表面が緑色で裏面が赤色のカタメンジソなどもあります。「大葉」として販売されるのは、縮れもなく両面緑色の青ジソの葉です。

シソとは

一方「シソ」とは、シソ科シソ属の植物の総称のことをいいます。なかでも食用とされる「赤ジソ」と「青ジソ」のことを指すのが一般的です。

青ジソは若葉を香味野菜として、刺身のつまや天ぷらにしたり、刻んで薬味としてもちいられます。香りを楽しみながら料理がいただけますよね。

同じなのに別名なのはなぜ?

昔、青ジソを販売する際にシソの芽と葉の区別が必要となり、葉に「大葉」という商品名を当時の方がつけ、現在もその名前で呼ばれています。

そんな青ジソが、世の中に流通し始めたのは1961年ごろ。静岡県で青ジソの葉を束ねて大阪の市場に出荷したのが始まりです。このとき、販売するために考えられた商品名が、「大葉」でした。

その後、豊橋でも大葉という名前で出荷を開始し、売れゆきがよかったことから、東京市場にも出荷されるようになりました。こうして青ジソは大葉という名前で、世の中に浸透しました。

シソと呼ぶ地域

呼び方の違いには、住む地域も関係しています。シソと呼ぶのは、中部地方から東の日本海側に多く、関西より西では大葉と呼ぶことが多いそうです。

シソの芽ってどこ?

芽とは、本葉が出てくる前に生えている双葉のことです。青ジソの双葉を青芽(あおめ)、赤じその双葉に本葉が出たばかりのものを紫芽(むらめ)といいます。青芽、紫芽ともに刺身のつまや薬味によく使われますね。

特集

FEATURE CONTENTS