ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

「大葉」と「しそ」は同じもの?

しその一部が「大葉」であり、大葉としそは厳密には同じものではありません。大葉もしそも同じ葉の呼び名ですが、その葉を野菜として捉えるか、植物として捉えるかによって呼び名が変わります。

大葉は「青じその葉」のみを指す

大葉とは、青じそを葉の形状のまま、香味野菜として使用する場合のみに使われる呼称です。食用の香味野菜として販売されるときは大葉と呼び、植物としての「青じそ」の葉を指すときには大葉と呼びません。

「青じそ」のように葉が緑色のしそには、縮れのある「チリメンアオジソ」や、葉の表面が緑色で裏面が紫色の「カタメンジソ」などの品種があります。大葉とは、縮れもなく両面緑色の「青じそ」の葉を指す言葉。つまり、大葉は「青じその葉」だけを指し、実や芽などの部位は含まず、青じそ以外の赤じそやエゴマなども含みません。

しそは総称

しそとは、シソ科シソ属の植物の総称です。韓国料理で用いられる「エゴマ」もしその一種ですが、そのなかでも食用とされる「赤じそ」と「青じそ」のことを指すのが一般的。また、「しそ」と言うと、葉だけでなく、実、芽、穂などさまざまな部位が含まれます。

同じなのに別名なのはなぜ?

青じそが流通し始めたのは1961年ごろ。静岡のつま物生産組合が、青じその葉を束ねて大阪の市場に出荷したのが始まりです。このとき、販売するために考えられた商品名が「大葉」でした。

青じそを販売する際に、芽と葉の区別が必要となり、葉に「大葉」という商品名を付けたことがきっかけです。その後、愛知県豊橋市でも大葉という名前で出荷を開始。売れ行きがよかったことから、東京市場にも出荷されるようになり、青じそは大葉という名前で世の中に浸透しました。

しそと呼ぶ地域

呼び方の違いには、住む地域も関係しています。全体的に見ると、大葉と呼ぶ地域がやや優勢。しそと呼ぶのは、中部地方から東の日本海側に多く、関西より西では大葉と呼ぶことが多いようです。

しその芽ってどこ?

芽とは、本葉が出てくる前に生えている双葉のことです。青じその若い芽を青芽(あおめ)、赤じその若芽を紫芽(むらめ)と言います。青芽、紫芽ともに刺身のつまや薬味によく使われますね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ