ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

【冷蔵方法1】大葉を水にさしてビンで保存

Photo by ササキマイコ

大葉をフレッシュな状態のまま保存したい場合には、水に挿して保存するのがおすすめです。みずみずしさが失われず、新鮮さをキープできますよ。そのまま使うもよし、手でちぎるのもよし、料理に合わせてお好きな形に使えます。

やり方

1. 瓶の底に少量の水を入れる

Photo by ササキマイコ

ガラス瓶に1cmほど水を張ります。ガラス瓶がなければ縦長のコップでも代用可能です。その場合は蓋の代わりにラップをしっかりと輪ゴムで止めます。

2. 大葉の束を立てて入れる

Photo by ササキマイコ

空き瓶の中に大葉の束を立てて入れたら蓋をしっかりと締め、冷蔵庫に保管します。

保存期間

水を2、3日に一度取り替えれば最長で3週間ほど保存が可能です。水が濁らないように気をつけてくださいね。

【冷蔵方法2】大葉をアルミホイルとキッチンペーパーで保存

Photo by ササキマイコ

アルミホイルには抗菌作用があることをご存知ですか?大葉は水分を多く含んでいるため、細菌が繁殖しやすい食材です。アルミホイルに巻いて保管することで、乾燥や細菌の繁殖を防いでくれますよ。

やり方

1. 水分をふき取る

Photo by ササキマイコ

大葉を水で洗ったら、キッチンペーパーで水分をしっかりとふき取ります。

編集部のおすすめ