飾りじゃない!意外と使える「しその実」の塩漬け&アレンジレシピ

刺身と一緒に添えられる「しその実」。実は使える食材なんです!今回は定番の塩漬けはもちろん、天ぷらやサンドウィッチのレシピまでご紹介します。爽やかさやプチプチ食感が加わり、料理がよりいっそうおいしくなるしその実をぜひ使ってみてくださいね♪

2017年7月6日 更新

しその実って?

居酒屋などでお刺身を食べる際に、薬味としてわさびと一緒に出てくる「しその実」。あのひと粒ひと粒が、しその実です。涼しくなってくると、しそが次々に花を咲かせ、その直後に実がなります。しそは、葉っぱから穂先まで捨てることなく使える野菜なんですよ。

しその実の収穫時期

しその葉(大葉)の部分を刻んで薬味として活用したり、刺身に添えられる花しそなどがありますが、今回ご紹介する「しその実」は、花しそからさらに成長した、「穂しそ」の部分にあたります。

収穫時期は9月中旬〜下旬頃で、しその穂先に花が2〜3個残っている状態がベスト。これよりも早いと、実がまだ小さかったり、遅すぎると実が固くなっているんだそう。花がすべて落ちてしまうと収穫時期としては、遅すぎなんです。プチプチとした食感を楽しむために、ベストな状態の穂しそを確認しておきましょう。
▼しそについて詳しくはこちら

覚えておきたい!しその実の塩漬け保存法

しその実をしごき取り、水でしっかり洗います。鍋にお湯を沸かし、塩を入れ、沸騰したら火を止めます。そこにしその実を入れ、そのまま30分~1時間ほど漬けておきます。水気を切ったら、あとは塩を加え、保存用の瓶に入れ、数日たったらできあがり♪

しその実のアレンジレシピ8選

1. しその実の出汁醤油漬け

しその実の醤油漬けのレシピです。しその実の塩漬けと作り方はほとんど同じで、しその実を醤油に漬けるだけ。塩漬けに比べて、だしの香りとコクのある味わいがおいしいんです。そのままお酒のおつまみにしても◎
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuyuknight

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう