あなたは時短重視?節約重視?「ぶり大根」の献立アイデア5選!

今回は、意外と悩みがちな「ぶり大根」の献立アイデアをまとめてみました。和風に統一したり、時短で済ませたり、ボリューム重視で考えたり………きっと、あなたの状況に合った献立が見つかるはずです!どんなおかずがぶり大根に合うのかも、お教えしますね。

2018年4月4日 更新

給料日前には節約献立

副菜:ピーマンとおかかのふりかけ

給料日前に悩んでしまうのが、副菜選び。メインは多少お金をかけても、副菜はできれば節約したいというのが本音ですよね。 そんな節約のお助けをしてくれるのが、一年中値段に差がなく売っているピーマンです。ただ、子供が苦手な野菜でもあるので、避けている家庭も多いでしょう。しかし、このようにくたくたに煮てふりかけにしてしまえば、ご飯のお供にもなります。苦手意識があるお子さんには、細かく刻んでもいいでしょう。

副菜:しっとりおからサラダ

おからは低価格で手に入るので、節約したいときにおすすめの食材です。いろどり豊かに具だくさんのレシピですが、きくらげや干ししいたけなどはなくてもいいでしょう。具材を切るときは、すべて同じ大きさでそろえるのがポイントです。揚げ玉をいれることで、香ばしさがプラスされますよ。

汁物:もやしの味噌汁

節約の王様!と言えばもやしですよね。たっぷりとひと袋使ってもひとりあたりの単価は安いので、積極的に使いたい野菜です。もやしと出汁、醤油だけでは淡泊な味に仕上がるので、コクを出すためにベーコンを入れましょう。もやしはひげを取ると口当たりもよく上品になりますが、面倒ならばひげアリでもOKです。

軽めにしたい日のちょこっと献立

副菜:とろろの梅おかか和え

こちらも、とろとろ食感のレシピです。長芋を千切りにしましょう。たたいた梅と調味料を合わせます。そうしたら、簡単に副菜のできあがり。千切りは手がかゆくなってしまうという人は、ポリ袋に長芋を入れて、袋の上からめん棒などでたたきましょう。

汁物:生姜のとろたまスープ

Photo by macaroni

ぶり大根をメインに、ほかは軽く済ませたいというときは、つるつるっと口に入るものがおすすめです。豆腐と卵のスープは、片栗粉入りでとろとろしているので、さらっと飲めますよ。使う豆腐は木綿よりも絹ごしのほうが、ちゅるんと食べられます。

シーン別にぶり大根の献立を考えよう!

ぶり大根のような"ザ・和食"的なおかずの献立は、どうしても全体的に茶色っぽく偏りがち。彩りを考えるなら緑黄色野菜を中心に、軽めにするならやわらかい食材を使うなど、シーンに合わせていろいろ考えてみてください。 そのときの状況や気分によって組み合わせを変えれば、家族も飽きずにぶり大根の献立を喜んでくれるかも!
▼基本のぶり大根レシピはこちら
▼こちらのぶり大根も絶品!

特集

FEATURE CONTENTS