ちょっとのコツで生臭くない!和食の定番「ぶり大根」の作り方

和食の定番「ぶり大根」。生臭さが残ったり、パサついたり、大根に味がしみてなかったりと意外とおいしく作ろうとすると苦戦するものです。今回はそんな悩みを解決!基本やコツをおさえて、おうちでプロ風のおいしいぶり大根を楽しみましょう。

2018年7月19日 更新

プロ風♪ おいしいぶり大根の作り方

大皿に盛ったつやつやのぶり大根

Photo by lanne_mm

しっとりしたやわらかいぶりの身とぶりのうまみがしっかりしみこんだほくほくの大根。どこか懐かしいほっこりする味わいですね。切り身を使って気軽に作れるレシピです。ごはんのおかずからお酒のおつまみまでいろいろなシーンで活用してくださいね。

材料(2人分)

ぶり大根の材料

Photo by lanne_mm

・ぶりの切り身……2切れ
・大根……1/4本
・しょうが……1片
・酒……大さじ3
・砂糖……大さじ1・1/2
・しょうゆ……大さじ2
・みりん……大さじ2

下準備

1. ぶりを切る

切ったぶりに塩をふった様子

Photo by lanne_mm

ぶりは1切れを3等分に切り、塩(分量外)をふって10分ほどそのまま置きます。

2. 霜降りにする

お湯を沸かした鍋にぶりを入れ、表面が白っぽくなった様子

Photo by lanne_mm

鍋にお湯を沸かします。沸騰直前の80~90℃程度でOKです。ぶりを入れて、表面が白っぽくなったら取り出します。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう